「5年前のことを忘れることはありません」ロアッソ熊本が多くの支援やサッカーができる喜びに感謝の意

「5年前のことを忘れることはありません」ロアッソ熊本が多くの支援やサッカーができる喜びに感謝の意

今季は5試合を消化して勝点8の4位につける熊本。悲願のJ2復帰へと邁進する。(写真は2018年のもの)。写真:徳原隆元



 J3のロアッソ熊本は4月14日、クラブの公式SNSを更新。「熊本地震から5年」と題し、これまでの支援活動やクラブとしての歩みを振り返る動画とともに、以下のメッセージを記した。

「5年前のことを忘れることはありません。多くの皆さまにご支援いただいたことに感謝し、熊本地震や昨年の豪雨災害、そして今はコロナ禍というなかでもサッカーやスポーツができることに感謝し、これからも歩み続けます」

 この投稿に「地元にクラブがあること、活力を貰える存在であることが何よりも大事」「頑張れ」「選手のみなさんの闘う姿に私達家族はどれだけ勇気付けられたか」などのコメントが寄せられた。

 熊本地震は2016年4月14日21時26分に発生。マグニチュード6.5、最大震度7を観測し、甚大な被害をもたらした。復旧・復興が進むなかで、記憶を風化させない取り組みも忘れてはならない。
 
 チームは今季、ここまで5試合を消化して、2勝2分1敗の勝点8で4位の成績。今季こそ悲願のJ2復帰を果たせるか。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【動画】「熊本地震から5年」感謝の意を伝えるメッセージも

関連記事(外部サイト)

×