長友佑都、平愛梨夫妻に第三子男児誕生!「はずかしかった笑」と自身のエピソードも明かす

長友佑都、平愛梨夫妻に第三子男児誕生!「はずかしかった笑」と自身のエピソードも明かす

第三子誕生を自らのゴールで祝いたかったと明かした長友。(C)Getty Images



 マルセイユの長友佑都は4月24日、自身のインスタグラムを更新し、妻でタレントの平愛梨さんとの間に第三子男児が誕生したことを報告した。

 笑顔で新生児を抱えた長友は「#撮影時だけマスク外してます」として写真と共に以下のようなコメントを投稿。

「ご報告。4月22日に第三子、元気な男の子が誕生しました。コロナ禍、異国の地で頑張って産んでくれた妻に大きな感謝と尊敬の念を抱きます。長男はイタリア(ミラノ)、次男トルコ(イスタンブール)、三男フランス(マルセイユ)国籍豊かです。頑張って産まれてきてくれた三男くんありがとう!コロナ禍で大変な状況の中たくさんの方にサポート頂きました。心から感謝致します。これから長友三兄弟の父、夫として責任を持ち、家族を守っていきます!引き続き長友家をよろしくお願い致します!」

【画像】「妻に大きな感謝と尊敬の念を抱きます」長友佑都が第三子誕生を報告!
 
 この投稿にマルセイユの同僚・酒井宏樹は、「昨日ゴール狙ってましたもんね笑」、福西崇史氏からは「おめでとう。お父さん日本(愛媛)国籍豊か。奥様、お疲れ様です」、FC東京のクラブコミュニケーターを務める石川直宏氏からは「おめでとう。パパ頑張れっ」とコメントが送られたほか、ヴィラス・ボアス元監督、チェゼーナやインテル時代の同僚で、現在は吉田麻也も所属するサンプドリアのアントニオ・カンドレーバなど続々とお祝いのメッセージが寄せられている。

 長友は、第三子誕生の翌日に行なわれたリーグ・アン34節のスタッド・ドゥ・ランス戦では左ウイングバックで4試合ぶりに先発し、後半からはSBも務めるなどフル出場。3−1の逆転勝利に貢献した。

「昨日の試合勝利で祝えたことがとてつもなく嬉しい」とハッシュタグで記すと、さらに「ゴール狙ったけど思いきり吹かした」「はずかしかった笑」と綴り、ゆりかごダンスのゴールパフォーマンスを狙っていたことも明かしている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)

×