「君の夢はなんだ?」本田圭佑、“こどもの日”に発信した熱いメッセージに反響!「大人にも響く」「重みが違う」

「君の夢はなんだ?」本田圭佑、“こどもの日”に発信した熱いメッセージに反響!「大人にも響く」「重みが違う」

本田がツイッターで子どもに向けてメッセージを発信し、話題を呼んでいる。(C)Getty Images



 アゼルバイジャン1部リーグ、ネフチ・バクーに所属する本田圭佑が、自身のツイッターを更新。5月5日“こどもの日”に、未来ある子どもたちに向けて激励のメッセージを送った。

 これまでイタリアやメキシコ、オーストラリア、オランダ、ブラジルなどのクラブを渡り歩いてきた本田は、今年3月に自身8か国目となるアゼルバイジャンのネフチ・バクーに加入。3日に行なわれた25節・ケシュラ戦では4試合連続で先発に名を連ね、加入後初ゴールを決めるなど、3-0の快勝に大きく貢献した。

 プロサッカー選手として海外でプレーを続ける本田だが、その活躍の場所はプレーヤーだけにとどまらず、指導者やクラブ経営者、起業家など多岐にわたる。最近では英語やスポーツビジネスなどの学習の場を提供するオンラインサービスを展開するなど、教育分野にも力を入れている。

 そんな本田は5日に自身のツイッターを更新。「このメッセージを見てる全ての子供へ。君の夢はなんだ?今すぐ行動していつか叶えてみせろ!」と、こどもの日にちなんだ熱いメッセージを発信したのだ。
 
 この投稿には、ラグビー日本代表の山田章仁が「世界中のラグビーファンに届けー!!!リツイート!!!」と共感のコメントをするなど、競技の垣根を越えて反響が広がっている。

 またファンからも、「大人にも響くメッセージ!」「重みや説得力が違う」「行動して活躍してきた人が言うからカッコイイ」「奮い立つ背中を後押しするようなメッセージ」といった絶賛する声が多く寄せられている。

 自らの肩書を“挑戦者”としている本田。どんな困難な道のりでもチャレンジし続ける姿を常に見せ続けてきた彼だからこそ、こうしたメッセージが人々の胸に響くのだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【本田圭佑PHOTO】ヘアスタイルの変遷にも注目!星稜時代の2005年から、2020シーズンまでを一挙大公開!

関連記事(外部サイト)

×