相模原のJ2初昇格に貢献した10番ホムロが退団。「今は家族のことを優先」

相模原のJ2初昇格に貢献した10番ホムロが退団。「今は家族のことを優先」

家族の問題で相模原を退団したホムロ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 J2のSC相模原は5月6日、MFホムロの退団を発表した。

 背番号10を背負うブラジリアンは昨季に加入。30試合に出場してチームトップの13得点をマークし、相模原のJ2初昇格に貢献。今季もエースとして活躍が期待されたが、家庭の事情で日本を離れる決断を下した。

 ホムロはクラブの公式HPを通じて、以下のようなメッセージを綴った。

「ブラジルに居る家族の問題で相模原を離れることになりました。 昨年息子が体調を崩し、この2月からまた私と離れたことで更に症状が悪くなって行きました。私の存在を必要としている息子のことを考えるとプレーに集中できず、パフォーマンスの低下にとても影響してしまいました。

 自分自身が我慢できる限界まで努力しましたが、これ以上は無理だと思い、今は家族のことを優先する決断に至りました。

 素晴らしい時間を過ごせたことをクラブに感謝します。いつも支えてくださったサポーターの皆さんに感謝します。素晴らしい友情を築いてくれた仲間に感謝します。素晴らしい出会いに感謝します」
 
 今季の成績は9試合・0得点。ゴールこそなかったが、巧みなキープなど前線の基準点として効果的なプレーを披露していた。退団は残念だが、今は1日でも早くご子息が快方に向かうことを祈りたい。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【SC相模原PHOTO】SC相模原が新施設のオープン記念イベントで練習を公開!!

関連記事(外部サイト)

×