昨季プロ4名を輩出した昌平、衝撃の強さ!! 昨冬の選手権4強相手に圧巻の6発大勝! 今年のチームの特徴は?

昨季プロ4名を輩出した昌平、衝撃の強さ!! 昨冬の選手権4強相手に圧巻の6発大勝! 今年のチームの特徴は?

プリンスリーグ関東6節、昌平が矢板中央を6-1と圧倒。キャプテンの篠田大がゴールに歓喜する。写真:安藤隆人



「やはり今年も昌平は強い」

 そう思わせる戦いぶりだった。須藤直輝、小川優介(共に鹿島アントラーズ)、小見洋太(アルビレックス新潟)、柴圭汰(福島ユナイテッド)と4人のJリーガーを輩出した昨年のチームでも多くの1、2年生がすでに頭角を現わしていた。その筆頭が1年生ながらガッチリとレギュラーを獲得していたMF荒井悠汰、同じく1年生でスーパーサブ的な存在となっていた篠田翼、2年生だった右サイドバックの本間温土、パスとシュートセンスに溢れたMF平原隆暉、MF篠田大輝と高い能力を持った選手が揃っており、今年のチームも十分に力があることは分かっていた。

 分かってはいたが、それを持ってしても、その上をいくインパクトを与えた。プリンスリーグ関東6節、ホームで昨年度の選手権で2年連続ベスト4に入った矢板中央を相手に、終わってみれば6ゴールを叩き込んで、6-1の大勝を手にした。矢板中央も昨年は2年生が多いチームだった。1年時から絶対的守護神として君臨するGK藤井陽登、189センチの大型CB島ア勝也、ボランチの大畑凛生、技巧派アタッカー・星景虎とタレントはいる。
 
 現にプリンス関東において、初戦の前橋育英戦こそ1-7で大敗を喫したが、それ以降は鹿島アントラーズユース、三菱養和SCユース、山梨学院、桐生一を相手に2勝2分けと負けなし。この試合でも立ち上がりは矢板中央が攻勢に出た。積極的に縦パスを打ち込んで、星を中心にアタッキングサードでパスを繋いで、大胆かつ繊細に崩していくサッカーを展開したが、30分に昌平の本間がゴール前の混戦から先制弾を蹴り込むと、一気に潮目が変わった。

 41分に新10番の荒井のパスを受けた平原が倒されてPKを獲得。これをキャプテンでFWから左サイドバックにコンバートされた篠田大が冷静に決めて追加点。後半になってさらに攻め手を強める昌平は55分、鮮やかな崩しから完全に抜け出した本間のシュートはGK藤井にセーブされるが、こぼれ球を再び本間がヘッドで押し込んで3点目。59分には右サイドを破った本間のマイナスの折り返しを、平原が頭脳的な浮き球のクロスをダイレクトで入れ、中央に走り込んだ1年生FW小田晄平がダイレクトボレーを叩き込み、勝負を決定づける4点目を奪った。

 71分にも平原が加点してリードを広げると、「いいか、これはリーグ戦だぞ! 1点取る、しっかり守ることが大事なんだ!」という高橋健二監督の檄を受けた矢板中央が85分に島アが1点を返す。だが、89分に途中出場のMF小山田直人がダメ押しの6点目。これで昌平のゴールラッシュは幕を閉じた。
 

「今年のチームの良さと、昨年の良さは違う部分もある。昨年は技術にフォーカスを当てて、グループでの打開を意識していましたが、今年はそれを踏襲しつつ、より個で打開できるチームにしていきたいと思っています。(篠田)翼と本間の両サイドバックも前への推進力が高いですし、荒井もフィジカル的に向上している。今日の試合も相手のストロングを消しながら、個で回収して、運んで、押し込むという部分もできたので、もっと積み上げていきたい」

 試合後、藤島崇之監督が語ったように、試合中の個々の引き出しの多さに目が行った。昨年から力を発揮している選手が流石のプレーを見せる一方で、1トップに入った1年生FW小田は馬力とボールインパクトのうまさを持ち、前線で起点となれることを証明。1年生・石川穂高と2年生・津久井圭祐のCBコンビも冷静なカバーリングとボールへの寄せで、矢板中央の前への圧力を遮断した。U-18日本代表に選出されたGK西村遥己もうかうかとしていられないほど、安定感あるパフォーマンスを見せた2年生GK上林真斗も健在で、昨年と遜色ない技術レベルと選手層を誇っている。
 
 まだプリンス関東は3試合しか消化しておらず、2勝1分けの無敗。今後は過密な日程も入ってくるかもしれないが、「プリンスの試合で途中から出た選手が必ずしもサブではありません。過密日程になってもその時にいい選手をいいタイミングで起用していこうと思っていますし、特にアタッカーは組み合わせが相応数あります。相手とのストロングの対比の中で組み合わせながら1年を通じて戦って、選手の成長を促したいです」と藤島監督が語ったように、『チーム内競争』という自らが持つモーターを稼働させて、進化をさらに加速させていくだろう。大きな期待を抱かせる、確かなポテンシャルを持ったチームであることは間違いないのだから。

取材・文●安藤隆人(サッカージャーナリスト)

関連記事(外部サイト)

×