アヤックス35個目のトロフィーは溶けて4万2000の星となる!ファンと“チャンピオン”を物理的に共有

アヤックス35個目のトロフィーは溶けて4万2000の星となる!ファンと“チャンピオン”を物理的に共有

圧倒的な強さでリーグを制したアヤックス。今季はKNVBカップと2冠を達成した。(C)Getty images



 新オランダ王者アヤックスは現地時間5月12日、トロフィーを溶かし、4万2000個以上の小さなチャンピオン・スターを作ると発表。シーズンチケット保持者に12日以降、順次配布していくようだ。

 エリク・テン・ハーグ監督が率いて4年目となった今シーズンは、開幕から10試合で9勝を挙げるなど、ロケットスタート。6節のVVV戦ではリーグの1試合最多得点記録を更新する13ゴールもマークした。その後も順調に勝利を積み重ね、今月2日に3試合を残して2年ぶり35度目のリーグ制覇を決めていた(昨シーズンは新型コロナウイルスの影響により、打ち切り。優勝チームはなし)。

 ただ、いまだ終息が見えないパンデミックの影響で、無観客試合が続き、スタジアムで興奮の瞬間を共にすることは叶わなかった。そんな状況下で、クラブは特別な年であったため例外的に2つ与えられたトロフィーのうち1つを溶かし、「アヤックスのかけら」にすることを決定。そうすることで、チャンピオンと35個目のトロフィーを物理的に共有することが可能だとしている。

【動画】トロフィーが溶け、「アヤックスのかけら」となる瞬間

 この決断に対し、OBで現在はCEOを務める、元オランダ代表GKエドウィン・ファン・デル・サールが真意を伝えている。
 
「今シーズンはほとんどの場合、ファンなしでプレーしなければならなかった。スタンドに座っているファンがいない状態でね。それでも私たちは毎週、スタジアムに向かう途中で、ソーシャルメディアで、そして個人的な連絡先でファンのサポートを感じているよ。

 以前『このタイトルはあなたのために』と言った時、私たちはファンのために行動する意思を表明した。トロフィーを分かち合うことは、私たちが本当にそうであることを示す究極の証拠となる。激動の1年を経て、我々はファンのみんなに王者の一部であることを感じてもらえるようにする」

 また、選手を代表してキャプテンのセルビア代表FWドゥシャン・タディッチも、感謝の言葉を述べている。

「誰もいないスタジアムでプレーすることは、雰囲気のあるヨハン・クライフ・アレナ(本拠地)とは比較にならない。サポーターがいなくて本当に寂しいよ。このタイトルはファンのみんなに捧げたい。みんなの前で再びプレーするのが待ち遠しいよ」

 今シーズン、アヤックスに残されたリーグ戦は2試合。総得点数3桁の大台まではあと4に迫っている。 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)