「本当にひどい」OBロイ・キーンが古巣ユナイテッドを糾弾! 「学生レベル」と酷評された選手は…

「本当にひどい」OBロイ・キーンが古巣ユナイテッドを糾弾! 「学生レベル」と酷評された選手は…

ホームで4失点を喫してリバプールに完敗したユナイテッド。(C)Getty Images



 残り2試合、このままなら、3年ぶりにプレミアリーグを2位で終える。サー・アレックス・ファーガソンが引退して以降の最高位タイだ。

 だが、かつて黄金期にマンチェスター・ユナイテッドのキャプテンを務めたロイ・キーンは、このままでは古巣が主要タイトルのトロフィーを掲げることはできないと指摘している。

 ユナイテッドは5月13日のプレミアリーグ第34節で、リバプールにホームで2-4と敗れた。サポーターの抗議活動で当初の予定が延期となり、過密スケジュールを強いられた影響もあるだろうが、優勝が決まった同じ街のライバル、マンチェスター・シティとのポイント差は二桁だ。

 英紙『Daily Mail』によると、キーンは英衛星放送『Sky Sports』で「本当にひどいパフォーマンス、ひどいメンタリティーだった」と苦言を呈した。

「今夜のパフォーマンスはまったく十分じゃなかった。クオリティが足りない。リバプールは6、7点決めてもおかしくなかった」

【動画】キーンが古巣マンUを酷評したリバプール戦のハイライト
 さらに、キーンは「この数か月、われわれはユナイテッドを称賛してきた。だが、このスカッドはシティとタイトルを競うには足りない。この数日で、欠点がすべて出てきた」と続けている。

「シティはこのユナイテッドのスカッドよりはるかに先をいっている。ぞっとするよ。スールシャールは、少なくとも3、4人のビッグプレーヤーが必要だと考えているんじゃないか」

 ほかにも、キーンはブルーノ・フェルナンデスを「今夜はピッチで試合の半分も泣いて過ごした」と酷評。ディーン・ヘンダーソンにも「ゴールマウスで小さく見える」と懸念を示した。

 また、ルーク・ショーやフレッジを「学生レベルのミス」批判。後者とスコット・マクトミネイについては「彼らが中盤にいる限り、ユナイテッドは主要タイトルを獲得できない」と話している。

 レジェンドの厳しい言葉を、ユナイテッドの面々はどのように受け止めただろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?