「1番ノリに乗っている」稲本潤一が推すEURO大注目選手とは?ヘイセイ薮はリベンジに燃えるタレント軍団をプッシュ

「1番ノリに乗っている」稲本潤一が推すEURO大注目選手とは?ヘイセイ薮はリベンジに燃えるタレント軍団をプッシュ

『WOWOW』のEURO2020の制作発表記者会見に出席した(左から)野口幸司氏、知念侑李さん、薮宏太さん、稲本潤一。写真:滝川敏之



 EURO2020の全試合を生中継する『WOWOW』が5月25日、同大会の制作発表記者会見を実施。番組MCを務める薮宏太さんと、スペシャルサポーターの知念侑李さん(以上Hey! Say! JUMP)に加え、特別ゲストとして元日本代表MF稲本潤一(SC相模原)、解説者の野口幸司氏が出席した。

 トークセッションではそれぞれが大会の見どころを語り、注目選手も発表。薮さんは6年ぶりにレ・ブルーに復帰したカリム・ベンゼマ、知念さんは前回覇者のポルトガルからクリスチアーノ・ロナウドを挙げるなか、稲本と野口氏は揃ってイングランドの若き才能、フィル・フォデンをチョイスした。

 稲本は今シーズン大ブレイクを果たし、マンチェスター・シティのプレミアリーグ制覇に貢献した20歳のアタッカーを推す理由をこう説明している。
 
「今、多分1番ノリに乗っている若手かなと。シティでもしっかり結果を出していますし、これからチャンピオンズ・リーグ決勝戦もある。そのなかで、国際試合でどれだけ力を発揮できるかっていうのは多少未知数ですけど、やっぱり持ってるものが違うので注目したいです」

 一方、野口氏は、その成長スピードを絶賛し、フォデンにとっては大会の1年延期がプラスに働いたと伝えている。

「1年前だったら選ばれていない可能性がある選手。私が最初に見たのはU-21のヨーロッパ大会で、この選手いいなって思っていたらシティでも出るようになって、なおかつ代表まで一気に上り詰めて。この1年間の成長は本当著しい。ゴールも決められるようになりましたし、なんといってもドリブルの姿勢がいい。ビシッと背筋の伸びた感じのプレーも特長があるなと思います」
 

 続けて行なった優勝国予想では、知念さんと野口氏がポルトガル、稲本がベルギーを選択。そして芸能界随一のサッカー通で、『WOWOW』では『リーガダイジェスト!』と『チャンピオンズリーグダイジェスト!』の両番組でもMCを務める薮さんは、リベンジを誓うタレント軍団をプッシュしている。

「少しチームの過渡期みたいなのを今迎えていると思うんですけど、(ポール・)ポグバを中心とした迫力のあるサッカー、そして試合を決める(キリアン・)エムバぺ、(アントワーヌ・)グリエーズマン、ベンゼマ。ラストピースが埋まり、前回ポルトガルに決勝で惜しくも負けてしまった悔しさもあり、今回並々ならぬ意気込みでEUROに臨んでくると思います」
 
 さらにトーク中、EUROグループステージの話題になった際には、稲本が15年前のドイツ・ワールドカップを回想する場面も。当時のジーコジャパンはグループステージでオーストラリア、クロアチアと戦い、1分1敗の状態で最後にブラジルと相まみえ、1-4で完敗したが、41歳はその試合の順番に悔しさをぶつけている。

「初戦でブラジルとやりたかったなっていう思いはありました。ブラジルって結構尻上がりに強くなっていく印象があるので、やっぱ初戦でやるほうがまだ勝つ可能性はあったかなと。なのでグループステージとかは初戦を勝って勢いに乗るチームがすごい多いと思うから、やっぱり初戦をどう戦うかっていうのが1番のポイントです」

 見どころ満載のEURO2020は、現地時間6月11日にトルコ対イタリアのオープニングゲームで火蓋が切られ、決勝の7月11日までの間に全51試合が実施される予定だ。欧州ナンバーワンの称号を手にするのは一体どの国になるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】海外番記者・識者が選んだ「ポルトガル代表のレジェンド完全格付けTOP10」を厳選ショットで振り返り!

関連記事(外部サイト)