S・ラモス、イブラ、ハーランドら超豪華! 英紙が「EURO不参加のベスト11」を発表!

S・ラモス、イブラ、ハーランドら超豪華! 英紙が「EURO不参加のベスト11」を発表!

『The Sun』紙が選出したEURO2020に出場しない選手にベスト11。(C)Getty Images



 新型コロナウイルスによる1年の延期を経て、現地時間6月11日にいよいよ開幕するEURO2020。各国の登録メンバー(候補)も続々と発表され、クリスチアーノ・ロナウド(ポルトガル)やキリアン・エムバぺ(フランス)らが順当に名を連ねたほか、カリム・ベンゼマ(フランス)やトーマス・ミュラー(ドイツ)といった大物の復帰も注目を集めている。

 だが、その一方で、まさかのメンバー外になった選手もいる。英紙『The Sun』は、予選で敗れた国の選手も含め、「EURO2020に参加しないスーパースターのベストイレブン」を選出。以下のように紹介している。

GK
ヤン・オブラク(スロベニア)
アトレティコ・マドリーでプレーするワールドクラスの守護神は、母国が予選で敗退したため、自宅から観戦することとなる。スロベニアは2010年の南アフリカ・ワールドカップ以来、主要な大会へ出場していない。
 
DF
アーロン・ワン=ビサカ(イングランド)
プレミアリーグで最も守備的なフルバックのひとり。彼が不選出となった一方、間違いなくキャリア最高のシーズンを過ごしたマンチェスター・ユナイテッドのチームメイト、ルーク・ショーは代表メンバーに名を連ねた。

セルヒオ・ラモス(スペイン)
直近はコンディション不良が続いており、キャプテンでありながら、メンバーから外れることになった。代わりにスペイン国籍を取得したばかりのマンチェスター・シティのエメリック・ラポルトが招集された。なお、スペイン代表にレアル・マドリーの選手は含まれていない。

フィルジル・ファン・ダイク(オランダ)
リバプールのスターは、昨年10月のエバートンとのマージーサイド・ダービーでジョーダン・ピックフォードに倒され、膝の靭帯を痛めて以来、シーズンを棒に振った。オランダはEURO2016と2018年のロシアW杯でも予選敗退しており、ファン・ダイクは主要大会に出場したことがない。

ジェローム・ボアテング(ドイツ)
バイエルン・ミュンヘンの守備の要は、次世代のスターを育成するために、ヨアヒム・レーブ監督から2019年にミュラーやマッツ・フンメルスらとともに国際舞台から追放された。EURO2020を最後に退任するレーブは、最後の大会に向けてミュラーとフンメルスを呼び戻したが、ボアテングは今季バイエルンで公式戦39試合に出場したにもかかわらず、そのような礼儀を受けることはなかった。

フェルラン・メンディ(フランス)
もうひとりのレアル・マドリーのスターは、今月初めに脛骨骨膜炎を発症したため、レ・ブルーのメンバーには入っていない。

MF
ミラレム・ピャニッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
昨夏、ユベントスからバルセロナに移籍して以来、調子を落としていた。しかし、ボスニア・ヘルツェゴビナはプレーオフ準決勝で北アイルランドに敗れたため、そもそも問題とはならなかった。

セルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(セルビア)
セルビアは、プレーオフ決勝でスコットランド相手に90分に劇的同点弾で追いつくも、最後はPK戦の末に敗れた。その結果、ラツィオのスターは、この夏、自分の才能をアピールすることができなくなってしまった。

イスコ(スペイン)
彼もまた、マドリーの選手がいないという状況を作ったひとり。スペイン代表として38キャップを持つプレーメーカーだが、今季は白い巨人で29試合にしか出場できず、ジネディーヌ・ジダン監督との関係もやや緊迫している。
 
FW
アーリング・ハーランド(ノルウェー)
世界で最もエキサイティングなヤングスターのひとり。先週、ドルトムントで元ブラジル代表のロナウド以来、21歳までにヨーロッパの5大リーグで1シーズン公式戦40ゴールを決めた初めての選手となった。しかし、ノルウェーはプレーオフ準決勝でセルビアに敗れたため、不参加になった。

ズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン)
39歳にして国際舞台へカムバックを果たしたミランのスターは、膝の負傷によりEUROを欠場することになった。これまでにスウェーデン代表で118試合・62ゴールを記録しているが、主要大会出場の最後のチャンスを逃す結果になるかもしれない。

 以上のような豪華な顔触れが揃ったように、予選やメンバー選考の段階からすでに様々なドラマがあった。本大会では一体どんな展開が待ち受けているのだろうか。まもなく興奮の1か月が始まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】海外番記者・識者が選んだ「スペイン代表のレジェンド完全格付けTOP10」を厳選ショットで振り返り!

関連記事(外部サイト)