【U-24代表戦のスタメン予想】絶対に負けられない“兄弟対決”へ。A代表の底力誇示へガチメンバーを起用か

【U-24代表戦のスタメン予想】絶対に負けられない“兄弟対決”へ。A代表の底力誇示へガチメンバーを起用か

A代表の予想布陣。吉田、遠藤、酒井らはU-24代表へ回っている。



 日本代表は6月3日、札幌ドームでU-24日本代表と対戦する。

 本来はキリンチャレンジカップとしてジャマイカ代表と対戦するはずだった森保ジャパン。しかし、新型コロナウイルスの影響で、試合出場が可能となる期日までに一部のジャマイカ選手が来日できず。試合は急遽、中止に。予想外のアクシデントを受け、東京五輪への強化を進めるU-24代表との試合が決まった。

 平常時では決して実現しなかったであろう“兄弟対決”は楽しみであり、一方でA代表選手にとっては絶対に負けられない戦いになる。

“弟分”のU-24に敗れれば物議を醸すことになり、“先輩”のプライドとしても負けるわけにはいかない。ただ今回はオーバーエイジ候補として、5月28日にミャンマー戦(10-0)を戦った吉田麻也、遠藤航、酒井宏樹、そして東京五輪世代の冨安健洋、堂安律、久保建英らがU-24代表に回っている。逆にA代表にはJリーグ組の山根視来、昌子源らが合流。負けられない真剣勝負へ“ガチメンバー”を起用することになりそうだ。
 GKは先のミャンマー戦はリーグ戦の関係で不在だった権田修一が先発に復帰するか。ミャンマー戦でゴールマウスを守った川島永嗣に続き、シュミット・ダニエル、中村航輔もいるが、正守護神を再び権田が務める可能性は高いだろう。

 最終ラインは経験値やミャンマー戦のアピール度から考えれば、右から室屋成、植田直通、昌子源、長友佑都か。両SBの室屋と長友はミャンマー戦でゴールをアシストするなど、コンディションは良好。後半から出場の植田もまずまずのプレーを見せた。

 一方で注目は2年ぶりの復帰となった昌子。植田とは鹿島時代にCBコンビを組んでおり、連係は問題なさそうだ。

 また3月シリーズの韓国戦でスタメンとして初出場&初ゴールを奪った右SBの山根、3年半ぶり復帰のCB谷口彰悟と、Jリーグで堂々の強さを見せる“川崎勢”にもチャンスが訪れるか。山根が右SBに入れば、U-24代表の三笘とのチームメイト勝負も期待される。
 

 ボランチはここ数試合で、守田英正、遠藤航コンビが“鉄板”になりつつあったが、遠藤がU-24代表に回っているだけに、今回は守田と橋本拳人をチョイスする確率が高そう。

 中盤2列目は順当にいけば、右から伊東純也、鎌田大地、南野拓実の並びとなるだろう。ただ、ドイツ2部のハノーファーで好プレーを見せていた原口元気、森保一監督の広島時代の教え子でもある浅野拓磨を先発起用し、コンビネーションを高めるのも良い選択肢に映る。
 CFは吉田に代わってキャプテンマークを巻く大迫勇也で固いだろう。ただし、今後を見据えて大迫不在時に備えたセカンドプランも必要で、南野や浅野を試す時間帯も訪れるかもしれない。

構成●サッカーダイジェスト編集部

 

関連記事(外部サイト)