横浜ポステコグルー監督、セルティックの指揮官就任が間近? 英・豪メディアが報道

横浜ポステコグルー監督、セルティックの指揮官就任が間近? 英・豪メディアが報道

ポステコグルー監督の新天地はスコットランドが濃厚のようだ。 写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 横浜F・マリノスを率いているアンジェ・ポステコグルー監督が、スコットランド1部の名門セルティックを率いるという動きは、非常に具体的になっているようだ。

 英スポーツチャンネル『Sky Sports』が現地6月7日に報じたところによれば、「セルティックは7月5日からプレシーズンキャンプを開催予定で、それまでに新監督を招聘したい方針」とのこと。すでに個人間合意には達しており、クラブ間でも違約金などの支払いでほぼ合意しているという。

 また、横浜は水曜日に天皇杯の試合を控えているが、ポステコグルー監督はこの試合を終えた後にスコットランドに渡り、サインする予定だという。これはオーストラリア局『SEN』に出演したジャーナリストのアンディ・メイア氏が明らかにしたもので、「確かな筋からの情報で、彼はその試合を指揮した後、夜にアテネ経由でグラスゴーに向かう飛行機に乗り、到着後にセルティックの新指揮官として発表されると聞いた」としている。
 
 ただ、報道によればポステコグルー監督は、欧州での指導ライセンスを不所持のため、セルティックとしては欧州サッカー連盟(UEFA)に対して特例として認めるように働きかける必要があるようだ。25年間にわたる指導者実績から、許可が下りるだろうという見通しだという。

 セルティックは今シーズンのスコットランド・リーグの首位をレンジャーズに譲り、リーグ連覇は9でストップ。2位に終わっている。王座奪還を目指し、チームは6月17日ごろを目安に始動し、7月5日からウェールズで行なわれるプレシーズンキャンプに臨む。

 そこでシェ―フィールド・ウェンズデー、チャールトン、ブリストル・シティとのフレンドリーマッチをこなした後、まず19日からは来シーズンのチャンピオンズ・リーグ出場権を駆けて予選2回戦に挑むことになるようだ。

 果たして、名門クラブを王者復帰へ導くことができるのか。55歳の智将は、大きな期待を背負って新天地で指揮を執ることになりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)