「ピトゥカを取り返せ!」不振に喘ぐ名門サントスのファンが鹿島MFの復帰を懇願!「売却したのは過ちだ」【ブラジル発】

「ピトゥカを取り返せ!」不振に喘ぐ名門サントスのファンが鹿島MFの復帰を懇願!「売却したのは過ちだ」【ブラジル発】

昨季のサントスではリベルタドーレス杯決勝進出に貢献したピトゥカ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 いま、ブラジルで最も伝統のあるチームのひとつが危機にある。ペレやネイマールなどを輩出してきた名門、サントスだ。

 まず、最多優勝を誇るサンパウロ州リーグでは、勝たなければ降格が決まる最終戦で何とか勝利し、わずか1ポイント差で残留を果たしたが、屈辱的結果に終わった。

 また、昨シーズンは決勝まで勝ち進んだコパ・リベルタドーレスでは、グループステージで早々に敗退。それも同グループになったのは、アルゼンチンの強豪ボカ以外は、南米最弱と見られているボリビアとエクアドルのチームだった。ちなみに、ブラジル勢で決勝トーナメントに進めなかったのは、サントスだけだ。

【動画】「センセーショナルだ!」鹿島ブラジル5人衆の軽快なダンス!
 それだけでは終わらない。始まったばかりのブラジル全国リーグでも、サッカーが弱いとされている東北ブラジルのバイーアに0-3で負けてしまったのだ。

 フェルナンド・ジニス監督は、新世代の優秀な指揮官であると言われている。だが、就任から1か月も経たないうちに、敗戦が続いて批判を浴び、プレッシャーがかかっている。

 おまけに財政難により、チームの柱であったヴェネズエラ人MFジェフェルソン・ソテルドをこの4月末に売却してしまった。今やサントスは16、17歳の選手が多数を占めているが、彼らの手本となるような選手もいなくなってしまった。

 おまけに過去の選手獲得の際の負債がかさみ、現在はFIFAから補強禁止処分を受けている。ソテルドの売却益600万ドル(約6億6000万円)も、彼を獲得したトロントFCへの借金返済に充てられた。

 こんな状態のチームに辟易したサントスのサポーターたちが思い浮かべるのは、数か月前に日本に渡ったピトゥカのことだ。彼らは、このMFを鹿島アントラーズに売ってしまったことを心から嘆いている。移籍金200万ドル(約2億2000万円)は、あまりにも安すぎると憤り、なによりピトゥカがいてくれればこんな醜態をさらすことはなかったと信じているのだ。

 先日、サントスのスタジアム前では、約200人のサポーターがチームに対してデモを行なったが、チーム幹部や監督を非難する声の他に、一番多かったスローガンが「ピトゥカを取り返せ!」「ピトゥカよ、帰ってこい!」だった。
 
 SNS上にも、こんなコメントが溢れている。

「ピトゥカよ、帰ってきてくれ。君はサントスのヒーローだ。いま我々にはまさに君が必要なんだ」
「ピトゥカ、君のいないサントスは間違いばかりだ」
「我々はピトゥカを売るべきではなかった。これはサントス幹部の大きな過ちだ。今サントスの中盤には指揮できる選手が一人もいない。それでこのありさまだ」

 サントスのサポーターの中には、インターネットを通じて鹿島の試合を見ている者も少なくない。そしてピトゥカが活躍を見せる度に、彼らは大きなため息をつくのだ。毎回試合が終わると、選手本人のSNSは「いつ戻ってくるのか」と問うサントス・サポーターのコメントでいっぱいになる。

 ピトゥカのおかげでアントラーズは今、名門サントスのサポーターが羨むチームになっている。

文●リカルド・セティオン
翻訳●利根川晶子

【著者プロフィール】
リカルド・セティオン(Ricardo SETYON)/ブラジル・サンパウロ出身のフリージャーナリスト。8か国語を操り、世界のサッカーの生の現場を取材して回る。FIFAの役員も長らく勤め、ジーコ、ドゥンガ、カフーなど元選手の知己も多い。現在はスポーツ運営学、心理学の教授としても大学で教鞭をとる。
 

関連記事(外部サイト)