【ジャマイカ戦のスタメン予想】久保、堂安、三笘がついに先発揃い踏みか。冨安の穴を埋めるのは…

【ジャマイカ戦のスタメン予想】久保、堂安、三笘がついに先発揃い踏みか。冨安の穴を埋めるのは…

ガーナ戦から4人を入れ替えたジャマイカ戦の予想スタメン。左サイドは川崎の3選手で構成か。



 東京五輪に向けた“最終選考の場”となる6月シリーズを戦っているU-24日本代表は、6月12日に豊田スタジアムでジャマイカ代表と対戦する。

 当落線上の選手を中心に起用したA代表との“兄弟対決”は0−3で敗れ、オーバーエイジ3人を含む現状のベストに近いメンバーで臨んだU-24ガーナ代表戦は6−0で大勝。このジャマイカ戦が、メンバー選考前最後のアピールの場となる。

 A代表の活動がある森保一監督に代わって指揮を執る横内昭展監督は、ガーナ戦と同じくベストに近い布陣を組み、本番に向けて連係を高めるのか。それとも、当落線上の選手を起用し、登録メンバーの見極めを図るのか。判断が難しいところだが、A代表戦である程度ふるいにかける作業はできたと見て、基本的には前者と予想する。

【動画】スペインメディアも称賛! “20歳”になった久保建英が決めた強烈な左足弾!
 システムは4-2-3-1で、GKはA代表戦でスターターに名を連ねた大迫敬介と予測。ガーナ戦で先発した谷晃生の可能性もあるが、ここは正守護神最右翼に託すのではないか。

 最終ラインは、右SBの酒井宏樹とCBの吉田麻也のオーバーエイジ2人は堅い。問題は、故障離脱した冨安健洋の代わりに、誰がキャプテンの相棒を務めるかだ。序列からいけば板倉滉になるが、A代表のミャンマー戦とガーナ戦(58分〜)で吉田とのコンビが問題ないことを証明しており、ここは町田浩樹の抜擢か。左利きの大型CBにとっては、そのポテンシャルをアピールする絶好のチャンスが巡ってきたと言える。

 冨安に代わって追加招集された瀬古歩夢もいるが、合流直後なうえ、セレッソ大阪で3日前に行なわれた天皇杯にフル出場していることもあり、スタメンはないだろう。

 候補者の多い左SBは、ガーナ戦で中山雄太が上々のパフォーマンスを見せたこともあり、タイプの違う旗手怜央の起用を予想。スピードのあるジャマイカのサイドアタッカーとのマッチアップに注目だ。

 ダブルボランチは、ガーナ戦と同様にオーバーエイジの遠藤航と田中碧になるだろう。このチームが生きるも死ぬも、“中盤の底”次第というのは、3月シリーズと6月の2試合でも明らかだ。このコンビの連係が高まるほどチーム全体が機能するはずで、ここは手を加えないだろう。

 2列目は、ガーナ戦でいずれも1ゴールを挙げた堂安律、久保建英、三笘薫のトリオが先発でついに揃い踏みか。その試合では、軽い故障を抱えていた三笘が58分からの途中出場となり、堂安が67分でベンチに下がったため、3人が共演したのはわずか9分だけだった。コンビネーションをチェックしたいところだろう。

 同じくガーナ戦でネットを揺らした相馬勇紀が使われる可能性もあるが、練習を見る限り、三笘のコンディションは問題なさそうで、A代表戦、ガーナ戦では見送られた“DKM”のスタメンがついに実現するはずだ。

 1トップには、ガーナ戦でヘッド弾を叩き込み、久保の得点をアシストした上田綺世が入るだろう。前田大然、林大地、田川亨介、三好康児、遠藤渓太、食野亮太郎らのアタッカー陣は、途中出場で流れを変える、あるいはクローザーとしての役割をどれだけ果たせるか。それが18人入りへのアピールとなる。

取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

関連記事(外部サイト)