セルビア戦で日本代表デビューのオナイウ阿道、恩師を追ってスコットランドの名門に移籍? 現地紙が報じる

セルビア戦で日本代表デビューのオナイウ阿道、恩師を追ってスコットランドの名門に移籍? 現地紙が報じる

代表デビュー戦で溌溂としたパフォーマンスを見せたオナイウ阿道。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 6月11日、国際親善試合でセルビア代表と対戦した日本代表は、後半早々に伊東純也が挙げたゴールを守り切り、1-0で勝利を収めた。

 前半は主導権を握った日本だったが、前半はセルビアの堅守に苦戦。その空気を変えたのが、後半から登場した横浜F・マリノスに所属するオナイウ阿道だ。25歳のストライカーはCFとして屈強なセルビアDFを背負い、ポストプレーで日本のアタッカー陣を牽引。得点こそオフサイドで取り消しとなったが、代表デビュー戦で鮮烈なインパクトを残した。

 そんなオナイウについて、スコットランド紙『Glasgow Live』が、11日付で「セルティックに移籍する可能性がある」と報じた。

 スコットランド1部のセルティックといえば先日、横浜を率いていたオーストラリア人のアンジェ・ポステコグルー監督の就任が発表された名門だ。
 
「横浜のストライカー、アド・オナイウはポステコグルーのターゲットになるかもしれないと言われている。新たに始まる政権下で、新たなボスは、クリスファー・アーエ、オドソンヌ・エドゥアール、ライアン・クリスティらが契約の最終年を迎えていることから、今夏に補強を必要としており、未来の戦力確保が命題となっている」(『Glasgow Live』)

 そんななかで白羽の矢が立ったのが、オナイウだという。今シーズンは16試合に出場し、10ゴールをマーク。これはJリーグの日本人選手としてはトップの数字だ。

 セルティックでは三笘薫(川崎)や古橋亨梧(神戸)、町田浩樹(鹿島)も獲得候補としてリストアップされていたようだが、チームの状況とポステコグルー監督就任によって、オナイウが頭一つ分抜きん出ており、「潜在的なターゲットとなっている」としている。

 果たしてオナイウはかつての恩師を追って海を渡ることになるのだろうか。今後の動向が注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)