ネクスト大迫に光明! オナイウ阿道はセルビア戦で何が良かったのか?

ネクスト大迫に光明! オナイウ阿道はセルビア戦で何が良かったのか?

タジキスタン戦で結果を残した古橋(左)と、セルビア戦で目を引いたオナイウ(右)。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 セルビア戦、1-0で勝利したことはチームにとってはプラスだが、戦力的な部分で光明が見えたことはもっと大きかったのではないだろうか。

 日本代表は、長らく1トップのストライカーである大迫勇也への依存が指摘され続けてきた。大迫の安定感抜群のポストと巧みな動き、精度の高いシュートに加え、彼の背後にいる3人のMFは、大迫の動きを正確に察知し、阿吽の呼吸で動けるようになった。その呼吸が全体に伝播し、トップの大迫を軸とした攻撃スタイルが確立されている。

 それだけに大迫が不在時は、戦い方が変わり、攻撃でノッキングを起こし、連係部分での未熟な部分が露呈して攻撃がスケールダウン、その結果、大迫株がさらに上がるという状況だった。

 タジキスタン戦では、大迫に代わって出場した古橋享梧が先制ゴールを挙げるなど、結果を出した。1発のパスで裏に抜けたり、細かいエリアに侵入して連係で打開していくプレーは、神戸でも存分に見せており、古橋の持ち味でもある。活躍は見事だったが、古橋の実力からすればアジアの2次予選のレベルではある程度、自分の良さを出すことはそれほど難しくないだろう。大迫のネクストを狙う立場からすると、このセルビア戦が、ひとつの試金石となる。
 
 セルビアは、大柄でフィジカルが強く、手足の長さもあり、間合いや強度はアジアの選手とはまるで異なる。スタメン出場した古橋は、時々、裏を狙う動きで相手を揺さぶるもタジキスタン戦ほど自由にプレーができなかった。植田直通が何度か古橋の動きを感じてロングパスを裏に出したが、オフサイドや相手DFに阻まれ、なかなか攻撃に繋げることができない。相手が5バックでスペースと時間を消し、自由にさせない戦術を敷いていたからだが、そうなった時どうするのかがある意味、FWの本当の力が試されることになる。

 やや苦戦した古橋に代わって目を引いたのが、オナイウ阿道だ。

 大迫の怪我のために追加招集されたオナイウは、2018年に山口でJ2リーグ全42試合に出場し、22得点を挙げてブレイク。その後、大分を経て、20年に横浜F・マリノスに完全移籍した。昨季は出場24試合で4得点と独特なマリノスのサッカーとチームにフィットせず、難しさを感じていた。だが、今季はポステコグルー監督の信頼を得て、16試合に出場、10ゴールで得点ランキング3位につけ、チームの3位躍進に貢献している。

 特に今年は、コンビネーション面での成熟が見られ、エウベルやマルコス・ジュニオールらと打開していくシーンが増えた。また、スピードとフィジカルの強さは、マリノスに入ってから一段と増し、裏に抜けたら止められない爆発力を備える。相手の浅いラインをブレイクした時のスピードなどで、腰が浮くようなプレーを見せ、ファンを沸かせている。
 

 19年11月以来の日本代表招集となり、国際Aマッチはこのセルビア戦が初キャップだった。プレー自体は、後半からの出場だったが、違和感はなくチームにフィットしているように見えた。64分には伊東純也がカウンターで持ち込んで、並走したオナイウにパスを送り、ゴールネットを揺らしたがオフサイドの判定で惜しくも代表デビュー戦での初ゴールを逃した。

 また、鎌田大地は、オナイウの動きをよく見ていた。77分には狭い局面だがパスを通そうとトライして、DFにカットされたが出し手と受け手の呼吸は合っているように見えた。こういう呼吸は、時間を重ねれば当然、フィットしてくるが、感覚が合うと最初からズレなく合致して良いプレーを出せる。鎌田、伊東、オナイウのコンビは、今後、おもしろくなるのではという期待を膨らませてくれた。

 個としてもプレーの粗さはまだあるが、前でボールを収められるし、セルビア戦では攻撃の流れを作った。スピードとフィジカルは大迫を上回り、伸びしろは十分にある。
 
 森保一監督はオナイウについて「トップで収めてくれたり、背後へ抜けてくれたり、マリノスでやっている守備の部分も、普段彼がやっていることを代表でもしっかり出してくれた。より高いレベルでプレーしていることを示してくれました」と高く評価した。

 15日のキルギス戦で出場した際は、目に見える結果を出すことが重要になる。

 その結果から次回の代表入りのチャンスを生み出し、鎌田や伊東、南野拓実ら海外組との連係を磨き、フィットしていけば、オナイウは大迫とは異なる新たな攻撃のカードになるだろう。海外移籍の話も出ているが、それが実現し、世界で揉まれてさらに成長すればカタール・ワールドカップ・アジア最終予選、そしてカタール・ワールドカップ本戦に向けてこれほど心強いことはない。

 ネクスト大迫として、期待したい。

取材・文●佐藤 俊(スポーツライター)

【PHOTO】流れたボールにいち早く反応!決勝ゴールを決めた伊東純也を特集!

【PHOTO】日本1-0セルビア|ロシアW杯以来となる欧州勢との対決は伊東のゴールを守りきって勝利!
 

関連記事(外部サイト)