【画像】理にかなっていたオナイウと川辺の投入。中盤と前線の役割が明確になり、2列目が前向きに仕掛けられた

理にかなっていたオナイウと川辺の投入。中盤と前線の役割が明確になり、2列目が前向きに仕掛けられた

オナイウ(右)は前線で粘り強くボールを収め、川辺(左)は中盤の底で縦パスの配球役に。後半から投入された2人が効果的な働きを示した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

この写真の記事を読む