【釜本邦茂】大迫不在のセルビア戦。オナイウも良かったが個人的に期待するのは…

【釜本邦茂】大迫不在のセルビア戦。オナイウも良かったが個人的に期待するのは…

後半から出場したオナイウ。得点こそなかったが、前線で存在感を示した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 キリンチャレンジカップのセルビア戦は、久しぶりにヨーロッパの強豪を相手に腕試しができると期待して見ていたが、予想よりも相手が引いて守ってきて、ちょっとがっかりした面は否めないね。もう少し、攻守の切り替えが激しく、強度の高い試合になると思ったが……。

 相手は5バックにも見えるほど、後ろに人を置いて、自陣のスペースを消しに来ていた。日本は前線の大迫が怪我で不在。前でタメを作る役割を担う人がいなかったから、スピードのある選手がなかなか活きなかった。とくに前半は大迫の代わりに1トップで起用された古橋やトップ下の鎌田は中央で苦戦する場面が多かった。フィジカルで勝る相手に潰される場面が増えて、相手の強固なブロックを崩しきれない。

 日本は相手に引いてブロックを作られると、パス、パス、パスで各駅停車のつなぎしかやらなくなる。4-1で勝ったタジキスタン戦も、前半はそういう展開が続いて膠着した時間帯もあった。ワンパターンな攻撃を続けても打開の糸口は見えてこないよ。

 ただし、そういう中で伊東のアグレッシブな仕掛けは良かったんじゃないかな。やはり自陣に引きこもった相手を崩すにはパスで揺さぶりをかけながら、どこかで個の勝負を仕掛けて突破口を開かなくていけない。伊東の右サイドからの突破はこの試合で数少ない可能性のある攻撃に見えた。
 
 後半はセットプレーから伊東のゴールが生まれて、相手も少し前掛かりになったことでさらに伊東や途中出場の浅野が飛び出していくスペースもできてきた。ただ、流れの中で自分たちからペースを掴まなくては、結局引いたままの相手に1点も取れずに終わっていた可能性もあるよ。親善試合ではなく、9月からのアジア最終予選だったら、勝点2を失っていたところだ。

 ただ、そうしなかで伊東とともに好材料を挙げるとするなら、オナイウのプレーは悪くなかった。身体も強いし、パスワークにもテンポよく入って、うまく攻撃のアクセントになっていた。今回はなぜか鈴木武蔵や鈴木優磨といった大型プレーヤーを招集していなかったけど、大迫に代わる1トップの選手としてオナイウも候補に上がったと言えるんじゃないか。
 

 森保監督は、随分大迫を信用して最前線で使い続けているけど、やっぱり他の大型選手もしっかり呼び続けて競争させていかないと、戦力になっていかないんじゃないか。大迫だってあの位置でしっかりレギュラーを掴むまでは、けっこう時間がかかった気がするよ。
 

 そういう意味で、是非A代表の新たな1トップ候補として育ててもらいたいのは鹿島の上田綺世だよ。今回のオリンピックを24歳で臨むわけだけど、実は僕もメキシコで銅メダルを獲ったのは24歳の時だった。僕はそこからさらにワールドカップへ、という夢は叶わなかったけど、年齢別大会とはいえ五輪という舞台を経験してさらに成長曲線が上昇していく可能性は大いにあるよ。

 日本は単独で仕掛けて打開できる選手や、最前線でタメを作り出せる選手といった個の育て方がまだまだ弱い。久しぶりのヨーロッパ勢との対戦で改めて感じたよ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本1-0セルビア|ロシアW杯以来となる欧州勢との対決は伊東のゴールを守りきって勝利!

関連記事(外部サイト)