【関塚隆の目】“意図”が読み取れたサイドの人選…そこに巧みに絡む久保は実に頭脳的だ【U-24日本対ジャマイカ戦】

【関塚隆の目】“意図”が読み取れたサイドの人選…そこに巧みに絡む久保は実に頭脳的だ【U-24日本対ジャマイカ戦】

三笘(写真)と旗手、田中の川崎勢が組んだ左サイド。連係は良好だった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 U-24日本代表がジャマイカに4-0で勝利を収めた試合は、非常に収穫が多かった。

 まずは色々な方々の協力や努力があって有観客で試合ができたことは、東京五輪に向けて非常にポジティブだし、横内監督や選手たちがサポーターの後押しを好意的に受け止め、注目を浴びながら準備を進められているのは喜ばしいことだ。

 私が解説をさせてもらったEUROの開幕戦トルコ対イタリア戦でもサポーターが集まったスタジアムの雰囲気が印象的だったが、U-24代表の試合でも、そうしたスポーツの魅力を改めて感じさせられた。

 内容を見ても、得るものはたくさんあった。ジャマイカのディフェンスは連係が取れておらず、両ウイング下がって来ない。日本はそこを上手く利用し、サイドで数的優位を作って攻撃を仕掛けることができていた。テンポ、リズム、距離感の良いパスでスペースを突き、3人目、4人目が飛び出す連動した攻撃はスムーズだった。

 左サイドは三笘、旗手、田中碧のフロンターレトリオで、右サイドは堂安、酒井宏樹、遠藤航というA代表組で組んでいただけあって非常に流動的。そこにトップ下の久保が巧みに絡んでいく。すでに構築してあるコンビネーションを上手く活用する意図が読み取れた。ビルドアップからアタッキングサードにボールを運び、ゴールに結びつけるまでの連係は、U-24ガーナ戦とジャマイカ戦で、さらに深められたと思う。
 
 取るべき選手が点を取ったのも、ひとつの成果だ。カットインから3人か4人の股を抜いた久保のシュートは見事。大胆な選択をした決断力と、それを可能にする技術。彼は実に頭脳的であるし、類稀なタレント性を改めて感じさせた。

 またボランチの遠藤がゴール前に出ていってミドルシュートを突き刺した2点目、三笘のスルーパスから上田が抜け出してループシュートを決めた3点目、久保のターンから相馬、堂安とつないだ4点目。得点パターンが多彩だっただけでなく、いずれも偶然ではなく、しっかりと形成されたものだったことも素晴らしい。

 守備では吉田、町田、遠藤がどっしりと構えて中央を固めていて、ピンチらしいピンチはほとんどなかった。特に怪我の冨安に代わって先発した町田はJリーグで見せているような安定したパフォーマンスを見せていたのは好印象だ。
 

 ただし、22分頃に相手左サイドバックの4番(ベル)からのロングパスを入れられたようなシーンは今後も警戒が必要だ。

 日本の中盤はコンパクトだから細かい連係に対しては簡単には崩れない。しかし強豪国は陣形を広げてきたり、大きなサイドチェンジでスペースを突いてきたりする。そういった幅を使った攻撃は、U-24ガーナ代表とジャマイカ代表はしてこなかったが、3月に対戦したアルゼンチンのように局面でゴリゴリと力で押してくるチームもある。そうしたパワープレーに対して、個人としてもグループとしても準備しておく必要があるだろう。

 一方で60分からは3バックにシステムを変え、オプションとしての攻守の動きを共有する時間を作れた意味でも、有意義な試合となっただろう。

 さて、監督やスタッフにとっては、ここからがまた大変な作業になる。18人のメンバーと4人のサポートメンバーを絞り込まなければいけないからだ。18人を選ぶというのは非常に難しく、骨の折れる仕事だ。12年のロンドン五輪の時もスタッフで何度もミーティングを繰り返して決めた記憶がある。
 
 そしてメンバーが固まってからは、今度は五輪という短期決戦に向けて、ひとつのチームにならなければいけない。選考前はある意味ライバル同士でもあったこれまでとは変わり、選手やスタッフ個々がチーム内での役割を理解し、「ワンチーム」になることだ。

 そのためにも選手たちのコンディションを合わせるのは重要なポイントになる。海外では6月末から新シーズンに向けて始動するクラブもあるだろう。そうしたクラブとは事前に連係を取っておかなければいけない。

 ロンドン五輪の時には宇佐美と酒井高徳が7月の日本国内での壮行試合に参加できず、ふたりが合流できたのはロンドンに渡ってからだった。今回で言えば、ACLに参加するフロンターレ、ガンバ、グランパス、セレッソの4チームに在籍する選手は直前合宿への参加が遅れる見込みだ。

 合流時期のズレや疲労感の違いなどで、個々の調整やチームとしての仕上がりに影響しかねない。もちろん怪我などのアクシデントも含め、不測の事態を想定しながら準備を進めてほしい。

■プロフィール
関塚 隆(せきづか・たかし)/1960年10月26日生まれ、千葉県出身。現役時代は八千代高から早稲田大へ進学し、本田技研で活躍。91年に現役を引退し指導者に転身。母校の早大ア式蹴球部監督を経て、鹿島、清水のコーチを歴任し、2004年に川崎の監督に就任。10年からはU-23日本代表監督として指揮を執り、ロンドン五輪を経験。44年ぶりのベスト4へ導く。大会後、磐田、千葉で指揮を執り、18年に再び日本サッカー協会に入り、技術委員長やナショナルチームダイレクターを歴任した。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】U-24日本4-0ジャマイカ|五輪メンバー発表前最後の試合は遠藤航、久保らのゴールでジャマイカを相手に4発快勝!

関連記事(外部サイト)