金田喜稔がジャマイカ戦を斬る!「久保の股抜き弾はギネス級。世界を感じさせた上田の左足アウトのタッチ」

金田喜稔がジャマイカ戦を斬る!「久保の股抜き弾はギネス級。世界を感じさせた上田の左足アウトのタッチ」

久保はここにきてさらに凄みが増した感がある。周囲との連係もますます高まり、気持ち良くプレーできているのではないか。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 日本は強い。それを強く印象づける勝利だった。U-24代表がジャマイカのフル代表に4-0。たいしたもんだよ。先日のA代表はセルビアに1-0の勝利。相手どうこうはあるかもしれないが、A代表とU-24代表の戦いぶりを見ると、むしろ日本が強くなりすぎているんじゃないか。確実にレベルアップしているように感じる。

 ジャマイカ戦はゲームの入り方として、立ち上がりにどっちが主導権を取るかというせめぎ合いのなかで、右サイドバック酒井の存在感がずば抜けていたね。

 彼は本当に“戦える”選手。局面の勝負で身体をぶつける、そこを通されたら危ないという場面で身体を張る、インターセプトを狙う。そうやってマイボールにする。あれはチームを引き締めるし、流れを呼び込む。オーバーエイジとしての責任感の表われなのか、プレーで味方を奮い立たせていた。もう最高だね。

 最終ラインでは、先発した町田も気になっていた。フィード能力の高いセンターバックだけど、この試合では少しミスがあったかな。くさびのパスを相手に狙われたり、左サイドへのアウトサイドのパスが乱れることも。個人的には期待している選手。本来の持てる力を出し切れなかったのは残念だったが、五輪メンバーに入れるかどうか注目だ。

 攻撃陣に目を向ければ、メンバー発表前の最後の試合でもあっただけに、アピール合戦の様相を呈していた。そのなかでも、ちょっと他とは違うのが久保だった。
 
 ここにきてさらに凄みが増した感がある。ボールタッチひとつとっても、もちろん良い意味でひとりだけ“異質”だった。なによりも、あの先制点。DF3人とGKの股を抜くシュート。そんなの見たことある? ワシはない。あり得ない。もう笑ってしまったよ。

 今後もないだろうね。ずっと語り継がれる、それこそギネス級のゴールだ。

 右サイドでは堂安と好連係を見せれば、左サイドでは三笘だけでなく、その後ろにいる旗手とも良いリズムで攻撃を形成していた。久保が気持ち良さそうにプレーできる環境だった。これはチームの力を最大限に引き出す要因になる。左右どちらかに偏らず、バランス良く攻撃を繰り出せる。相手にとっては脅威だろうね。

【PHOTO】圧巻の股抜きシュートで先制ゴール!久保建英を特集!
 

 前線では後半から出場した上田が結果を出したね。三笘の縦パスに抜け出して、GKの頭上を越すシュートでネットを揺らした。

 そのループシュートも見事だったけど、見逃してはいけないのがその前段階のプレー。後方からの三笘のパスは上田の左側に来た。そこで、ステップを変えて利き足の右足で処理してもよかったが、上田は左足のアウトを使って前に運び出した。

 右利きなら、右足のインフロントを使いたくなるはずだが、そうはしなかった。パスのスピードを殺さないように、ボールに近いほうの左足を使っている。これは相当に高度な技術だ。

 上手い選手は、パスを受ける時に走りながらでもステップを変えずマイボールにできる。上田はそれを自然にできている。

 こういう選手が日本にも出てきたんだな、と。確実に世界基準に近づいてきていることを予感させるワンプレーだった。
 
 とにかく見所の多い試合だった。少し前にはA代表との試合で0-3で敗れたけど、今のタイミングでなら、まったく違う戦いを見せてくれるのではないか。それぐらいチームの充実度は高まっていると思う。

 今回の代表活動で、実戦を通じてはもちろん、オーバーエイジとの融合もあり、いろんな刺激もありながら、チームは着実に進化している。個々の能力も上がっている。

 6月下旬には五輪メンバーの18人が発表される。誰が選ばれてもおかしくないほど競争は熾烈。選ぶほうは大変だろうけど、喜ばしい悩みでもある。メンバー発表が楽しみだね。

【PHOTO】豊田スタジアムに駆けつけた日本代表サポーターを特集!

【PHOTO】U-24日本4-0ジャマイカ|五輪メンバー発表前最後の試合は遠藤航、久保らのゴールでジャマイカを相手に4発快勝!
 

関連記事(外部サイト)