「水を飲め」C・ロナウド、会見でスポンサーのコカ・コーラを“邪魔者扱い”!過去には「息子が飲むとイライラ」発言も

「水を飲め」C・ロナウド、会見でスポンサーのコカ・コーラを“邪魔者扱い”!過去には「息子が飲むとイライラ」発言も

記者会見中、炭酸飲料に不快感を露わにしたC・ロナウド。(C)Getty Images



 クリスチアーノ・ロナウド(ユベントス)の予想外の行動が注目を集めている。英紙『The Sun』などが報じている。

 ポルトガル代表のエースでキャプテンのC・ロナウドは、現地時間6月15日のEUROグループステージ初戦のハンガリー戦を前に、記者会見に出席。すると、席に着くやいきなり目の前に置かれた2本のコカ・コーラのペットボトルをどけ、「水を飲め」とまさかの一喝。大会スポンサーに迎合する気などさらさら見せず、明確に軽蔑の意を示したのだ。

【動画】C・ロナウドが大会スポンサーの製品をまさかの“片付け”。前代未聞の場面はこちら

 進化を止めない36歳は、厳しいトレーニングのほか、人一倍食生活に気を遣っていることでも知られている。『The Sun』によれば、最高の体調を保つために毎日6回の食事を行ない、消化を助けるために5回の昼寝をするという。
 
 また、昨年には「息子がコーラを飲んだり、ポテトチップスを食べるとイライラする」とも明かし、「息子が偉大なサッカー選手になるかどうかは、これからだ」と言い放っている。

 一方、マンチェスター・ユナイテッドへの復帰なども囁かれているC・ロナウドは、この会見で自身の去就についても言及。「僕は何年も最高のレベルでプレーしてきたので、この件で動じることはない」と、強い決意も伝えている。

「18歳や19歳だったら、眠れない夜を過ごしたかもしれないが、僕は36歳だ。ユーベに留まろうが、移籍しようが、何が起ころうとも最善の結果になるだろう」

 絶対的エースとして君臨する背番号7は、その飽くなき闘争心で母国を大会連覇へ導くことはできるだろうか。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

関連記事(外部サイト)