Jクラブ&大学へ優秀な指導者を多数輩出! 名門・清水東高の教え“勝澤イズム” 「サッカーは格闘技」

Jクラブ&大学へ優秀な指導者を多数輩出! 名門・清水東高の教え“勝澤イズム” 「サッカーは格闘技」

左から、大木監督(元京都など)、栗田監督(明治大)、長谷川監督(FC東京)、相馬監督(鹿島)、堀池監督(順天堂大)。(C)SOCCER DIGEST



 高校サッカー界の名門のひとつ、清水東(静岡県)をルーツにする指導者は少なくない。いや、むしろその多さに思わずうなってしまうのではないか。

 FC東京の長谷川健太監督や鹿島アントラーズの相馬直樹監督がそうで、順天堂大の堀池巧監督や明治大の栗田大輔監督も清水東OBだ。かつてヴァンフォーレ甲府や京都サンガF.C.などで指揮を執り、ショートパスを駆使する独自のスタイルで上位陣を脅かした大木武監督の名も忘れてはいけないだろう。今年、還暦を迎えるが、現在はJ3のロアッソ熊本で監督を務めている。

 同期の長谷川監督と堀池監督は高校時代、大榎克己氏(現・清水エスパルス強化部)とともに「清水の三羽ガラス」と称された。彼らが2年生のときに出場した、1982年度の第61回大会で清水東の悲願である選手権初制覇を成し遂げ、続く第62回大会では準優勝を飾るなど、全国にその名をとどろかせた。

 高校卒業後、長谷川監督は筑波大から日産自動車、堀池監督は順天堂大から読売クラブ、大榎氏は早稲田大からヤマハ発動機に進み、その後Jリーグでのプレーも経験し、現役を引退。それぞれがそれぞれのペースで指導者への道を歩んだ。大榎氏も以前、母校の早稲田大や清水での監督経験を持っている。
 
 今年51歳の栗田監督は、相馬監督の一学年先輩にあたる。名伯楽とうたわれた勝澤要監督のもと、全国制覇を目指して、日々ボールを追いかけた間柄だ。卒業から30年余りが経過するが、日本のサッカー界に身を置く者同士。何かあれば、連絡を取り合っている。

 シーズン途中、ザーゴ前監督の後を受け、鹿島のコーチから監督に内部昇格した際もそうだった。「大変なチーム状況だと思うけれど、(激励の気持ちを込めて)相馬監督にメールを送った」と、栗田監督は打ち明ける。すると、相馬監督から「頑張ります」との返信があったそうだ。

 この話題に触れたとき、栗田監督は相馬監督のことを最初は苗字ではなく、実は「直樹」と呼び、「相馬監督」と言い直している。何とも心温まる思いがしてならなかった。お互いの立場や肩書がどう変化しようと、栗田監督にとっての相馬監督は高校時代をともに過ごした仲間のひとりであり、「直樹」は変わらず「直樹」のままなのだろう。ふと、そんな感慨に浸ってしまったからだ。
 
 Jリーグや関東大学リーグなど、各カテゴリーの第一線で活躍する指導者を清水東は数多く輩出しているが、その理由を栗田監督に尋ねると「勝澤イズム」に言及した。「大先輩がたくさんいるなかで、自分が言うのもおこがましいけれど」と前置きしたうえで、こう続けている。

「サッカーは格闘技だと、勝澤先生は常々言っていました。そういうイズムがみんなの心にずっと残っていて、伝わっているんだと感じています。僕自身、一言では言い表わせないほど影響を受けました。緊張感のある練習の雰囲気を今でも覚えていますし、部員全員が本気で全国制覇を目指していた。パス1本にもこだわって、魂を込めて練習に取り組んでいた。間違いなく自分のサッカー観のベースになっていますね」
 
 1966年から20年あまりにわたって清水東を率いた勝澤監督は、多くの教え子に影響を与え、指導者に限らず、Jクラブやサッカー協会のスタッフなど、日本サッカー界の発展に貢献する人材を輩出している。同監督もそもそも清水東OBだ。
 
 多感な世代と言われる高校時代に自分の心を射抜くような衝撃は、その後の人生を大きく左右していく。清水東OBに限らず、自身の源泉が高校時代にあるという指導者はきっと多いことだろう。
 
取材・文●小室 功(オフィスプリマベーラ)
 

関連記事(外部サイト)