「結果を出せた」代表初弾から6分で圧巻ハット達成にオナイウ阿道は手応えも…「もっと良く出来る」と貪欲さ示す

「結果を出せた」代表初弾から6分で圧巻ハット達成にオナイウ阿道は手応えも…「もっと良く出来る」と貪欲さ示す

代表初ゴールを含め圧巻のハットトリックを達成したオナイウ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 日本代表は6月15日、カタール・ワールドカップ(W杯)2次予選でキルギスと対決。強烈なインパクトを放ったのが、4日前にセルビア戦(〇1-0)で代表デビューを果たしたばかりのオナイウ阿道だ。

 まずは27分、自ら奪ったPKをきっちり決め、記念すべき代表初ゴールを挙げると、31分には川辺駿からの右クロスを左足で上手く押し込んで2点目。さらにその2分後には、小川諒也からの左クロスをヘッドで叩き込み、なんと6分間でハットトリックを達成してみせた。

 その後、日本は前半アディショナルタイムに1点を返されたものの、72分に佐々木翔、77分に浅野拓磨が追加点を奪い、5-1で快勝。2次予選を8戦全勝で締めた。
 
 試合後、インタビューに応じたオナイウは、「1つ目はPKを自分が蹴らせてもらって、しっかり決めることが出来て良かった。2つ目もあのポジションにいたことがあのゴールに繋がったと思う」と手応え十分にコメント。

 一方、得点の部分では「結果を出せた」と語るも、連係面では「もっと良く出来ると思う。またチームに戻るが、そこでしっかりとアピールしてまた呼んでもらえたときに結果を残せるようにやっていきたい」と、さらなるレベルアップを誓っている。

 大迫勇也の負傷を受け急遽の招集ながら、横浜F・マリノスで日本人トップのリーグ戦10ゴールを挙げている勢いそのままに、確かな爪痕を残してみせたオナイウ。9月から始まる最終予選でも俄然注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】A代表初ゴールから前半だけで圧巻ハットトリックを達成!オナイウ阿道を特集!

関連記事(外部サイト)