「センセーショナルな記録だ」オナイウ阿道の“6分間ハット達成”に、セルティックファンも驚愕!

「センセーショナルな記録だ」オナイウ阿道の“6分間ハット達成”に、セルティックファンも驚愕!

6分間でハットトリックを達成したオナイウ阿道。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 日本代表は6月15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選で、キルギス代表と対戦し、5-1で勝利を収めた。

 この試合で代表初先発を飾ったオナイウ阿道は27分、31分、33分と立て続けにゴールを奪い、わずか6分間でハットトリックを達成。この記録に、海外からも驚きの声が上がっている。

 いち早く反応したのは、先日、横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が新たに指揮官となったセルティックの地元、スコットランドのメディアだ。同クラブの専門サイト『The Celtic Star』は「わがクラブと提携している横浜F・マリノスのストライカー、オナイウ阿道の驚くべきハットトリックであり、センセーショナルな記録だ!」と称賛している。

「彼は先週のセルビア戦で交代要員として代表チームデビューして以来、2度目の出場となったキルギス戦で、わずか6分でハットトリックを達成した。彼はポステコグルーがスコットランドに移籍を決めたことで、クラブと強い結びつきを生んでいる。期待に満ちた、素晴らしいゴールを生んでいる」

【PHOTO】A代表初ゴールから前半だけで圧巻ハットトリックを達成!オナイウ阿道を特集!
 
 ちなみに、同様にセルティックのファンサイトを運営する『Everything Celtic』が、ツイッターアカウントでオナイウの快挙を報じると、なぜか横浜F・マリノスのサポーターなどJリーグファンが殺到する“異常事態”になっている。

 というのも、横浜からオナイウが引き抜かれることを避けようと、新戦力となりうる日本人選手の情報が、該当の投稿に数十件以上寄せられているのだ。現地サポーターも「日本のファンは熱心だな」「スカウトはここを見ればいいから助かるだろう(笑)」とその熱意に驚いている様子だ。

 加えて、現地ファンからは「ぜひアドを獲得しよう」「アンジェが連れてくるさ」などの声も上がっており、25歳のストライカーの加入に期待も高まっている様子が窺える。

 オナイウが本当に海を渡る挑戦を選ぶのかは不透明だが、6分間でのハットトリックという記録を打ち立てたプレーヤーに、現地ファンも熱い視線を注いでいることは確かなようだ。

 今後の動向が注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】オナイウ阿道のキルギス戦、ハットトリック全ゴールはこちら!

【PHOTO】A代表初スタメンからフル出場!キレキレのドリブルにアシストも記録した坂元達裕!
 

関連記事(外部サイト)