【総体予選】帝京が大逆転で10大会ぶりの全国切符! 東京&神奈川で新たに4つの代表校が決定!

【総体予選】帝京が大逆転で10大会ぶりの全国切符! 東京&神奈川で新たに4つの代表校が決定!

後半AT、帝京は荻野(16番)の劇的弾で同点に追いついた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)




 6月19日、令和3年度・全国高校総体(インターハイ)は男子サッカーの地区予選が関東各地で開催され、新たに東京と神奈川で代表校が確定した。

 2枠を争う東京予選の準決勝は、第1試合で帝京と堀越が鎬を削った。帝京は序盤から主導権を握り、ボランチの狩野を軸にテンポの良い攻撃を展開する。しかし一瞬の隙を突かれて前半終了間際に先制点を許すと、後半開始早々にも加点され、2点のビハインドを背負った。ここからカナリア軍団は猛反撃を開始。後半15分に途中出場のMF山下がドリブルで仕掛け、右足で1点を返す。以降も積極的に仕掛けては果敢にシュートを放ち、ついにアディショナルタイムに追いつくのだ。左SB入江の右CKをCB荻野が頭で合わせた。

 勢いに乗った帝京は延長戦に入ってさらに攻勢を強め、怒涛のチームアタックを披露。そして延長後半3分、途中出場のMF福地が豪快に右足でネットを揺らし、これが決勝点となった。インターハイ出場は実に10大会ぶりで、選手権を合わせた全国大会出場は実に11年ぶりだ。
 
 第2試合では実践学園が駿台学園を撃破した。序盤から出足の鋭い相手の守備に苦戦しながらも、前半のうちにオウンゴールで先制。後半10分にクロスを押し込まれていったんは同点とされるが、同28分にMF入江がドリブル突破から左足で勝ち越し点を奪った。以降は相手の攻撃を巧みに跳ね返しながら、堅実に試合を運んだ実践学園。終了間際にMF牧山がダメ押し点を決め、3−1で勝利を手にした。
 

 神奈川・準決勝の第1試合は東海大相模と横浜創英が激突。先制点と追加点を挙げた前者が後者の反撃を後半アディショナルタイムの1点に食い止め、2−1で寄り切った。第2試合では相洋が湘南工科を2点先取からの2−1で下し、嬉しい全国初出場を決めている。

 インターハイはこれまでに46の代表校が決定。明日20日に群馬、千葉、山梨で、週明けの23日には栃木、茨城、埼玉で予選決勝が実施され、出場全52校が出揃う予定だ。2年ぶりの本大会開催となるインターハイ・サッカー競技は、8月14〜22日まで福井県内で行なわれる。6月19日時点での出場決定校は以下の通りだ。

【PHOTO】2021年の高校サッカー界を彩る注目株を厳選チェック!〜関東編

【北海道】札幌大谷(2大会ぶり6回目)
【北海道】旭川実(3大会ぶり6回目)
【青森】青森山田(21年連続24回目)
【岩手】専大北上(2大会連続2回目)
【秋田】西目(2大会ぶり8回目)
【山形】東海大山形(22大会ぶり3回目)
【宮城】仙台育英(2大会ぶり20回目)
【福島】尚志(11大会連続13回目)
【東京】帝京(10大会ぶり32回目)
【東京】実践学園(3大会ぶり4回目)
【神奈川】東海大相模(2大会連続3回目)
【神奈川】相洋(初出場)
【新潟】開志学園JSC(6大会ぶり3回目)
【富山】高岡一(4大会ぶり4回目)
【石川】星稜(9大会連続29回目)
【福井@】丸岡(2大会連続32回目)
【福井A】福井商(2大会ぶり3回目)
【長野】都市大塩尻(9大会ぶり5回目)
【静岡】静岡学園(3大会ぶり7回目)
【愛知】中京大中京(3大会ぶり21回目)
【岐阜】中京(2大会ぶり4回目)
【三重】三重(2大会ぶり6回目)
【滋賀】比叡山(初出場)
【京都】東山(2大会ぶり3回目)
【大阪@】阪南大高(4大会連続5回目)
【大阪A】大阪桐蔭(5大会ぶり8回目)
【兵庫】関西学院(53大会ぶり2回目)
【奈良】山辺(初出場)
【和歌山】初芝橋本(4大会連続17回目)
【鳥取】米子北(13大会連続16回目)
【島根】立正大淞南(2大会ぶり14回目)
【岡山】岡山学芸館(3大会ぶり5回目)
【広島】瀬戸内(2大会ぶり7回目)
【山口】高川学園(2大会ぶり23回目)
【徳島】徳島市立(7大会連続19回目)
【香川】尽誠学園(17大会ぶり2回目)
【愛媛】新田(2大会ぶり8回目)
【高知】高知中央(2大会ぶり3回目)
【福岡】飯塚(初出場)
【佐賀】佐賀東(2大会ぶり15回目)
【長崎】長崎総科大附(3大会ぶり4回目)
【熊本】大津(3大会連続21回目)
【大分】大分(3大会連続13回目)
【宮崎】日章学園(5大会連続16回目)
【鹿児島】神村学園(4大会連続7回目)
【沖縄】那覇(5大会ぶり6回目)

構成●高校サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】2021年の高校サッカー界を彩る注目株を厳選チェック!〜関東編

関連記事(外部サイト)