A・ロペス離脱の札幌、金子拓郎が左右両足で2得点! 大分を完封し、今季2度目の無失点勝利

A・ロペス離脱の札幌、金子拓郎が左右両足で2得点! 大分を完封し、今季2度目の無失点勝利

前半のうちに左右両足で2ゴールを決めた金子。写真:田中研治



 代表ウィークが明けて再開されたJ1リーグは6月19日、第18節の4試合を各地で開催。札幌厚別公園競技場で行われた札幌と大分の一戦は、2-0でホームの前者が快勝した。

 12ゴールでJ1リーグの得点ランキング首位につけていたFWアンデルソン・ロペスが移籍を前提にチームを離脱している札幌は、荒野拓馬を最前線で起用。また中断前の前節からは岡村大八、小柏剛、ジェイが外れ、宮澤裕樹、チャナティップ、金子拓郎が入った。

 対する大分も3人を変更。高畑奎汰、小林裕紀、井上健太を先発起用。両チームともに、先月末に行なわれた前節を勝利(札幌は柏に2-1、大分は福岡に2-1)し、連勝を狙う。

 3-4-2-1のミラーゲームで始まった試合は、ホームの札幌が攻撃力を見せつける。

 福森晃斗からのロングボールをペナルティアーク内で胸トラップで収めた金子は、対峙したDFを切り返しで振り切る。右足の意表を突いたシュートをゴール右隅に流し込み、9分に札幌が先制する。

 さらに攻め続ける札幌は21分、宮澤からの縦パスを左サイド敵陣深くで受けた田中駿汰がマイナスのパスを供給。受けたチャナティップが金子へ繋ぐと、今度は聞き足の左に持ち替え、素早い一撃を放つ。これがファーサイドのネットを揺らし札幌がリードを広げる。

【動画】金子拓郎が圧巻のパフォーマンス!2点目は聞き足の左足ショット!

 37分にはチャナティップが大分ゴールのネットを揺らすものの、直前の駒井善成のプレーがオフサイドの判定で、これはノーゴール。
 
 2点ビハインドで後半を迎えた大分は、藤本一輝、長沢駿と攻撃的なカードを投入。徐々に攻撃の機会を増やすと札幌ゴールに迫る。

 66分には町田也真人の浮き球のパスをペナルティエリア内で競り合った長沢が落としチャンスを創出するものの、味方には繋がらない。

 後半は一時ペースをつかんだものの、次第に札幌に押し返され、結局0-2のまま試合終了のホイッスルを迎えた。

 この結果、札幌は勝点25に積み上げ、大分は同12は変わらず。

 次戦、札幌は27日に敵地で第20節の鹿島アントラーズ戦。大分は平日開催の23日にホームで第19節の鹿島戦となる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)