20年ぶりにパルマ帰還のブッフォン、まさかの“裏切者”扱い! 一部のファンがバナーで批判「お前は傭兵として出て行った」

20年ぶりにパルマ帰還のブッフォン、まさかの“裏切者”扱い! 一部のファンがバナーで批判「お前は傭兵として出て行った」

20年ぶりにパルマに復帰したブッフォン。(C)Getty Images



 20-21シーズンにセリエBへ降格したパルマは現地時間6月17日、元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンと2023年6月30日までの2年契約を結んだことを発表した。

 43歳の守護神は1995年、17歳にしてパルマでトップデビューを飾り、01年夏にGKとしては当時の史上最高額でユベントスに移籍するまで、コッパ・イタリアやUEFAカップ制覇に貢献。そんなレジェンドの20年ぶりの帰還にファンは盛り上がっていると思いきや、かつての“裏切り”を許せない者もいるようだ。

【動画】「スーパーマンの帰還」パルマが公開したブッフォンのウェルカム動画
 
 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』が6月18日に報じたところによれば、なんと本拠地エンリオ・タルディーニの門に、次のようなバナーが掲げられたのだ。

「お前は傭兵として出て行った。英雄として迎えることはできない。シャツに敬意を払え」

 まさかの守銭奴扱いを受けたブッフォン。ピッチ上のパフォーマンスで再び信頼を勝ち取ることができるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)