【J1前半戦ベスト11 Vol.2】L・ダミアンの凄みが印象深い。好調鳥栖からは仙頭、エドゥアルド、朴を選出

【J1前半戦ベスト11 Vol.2】L・ダミアンの凄みが印象深い。好調鳥栖からは仙頭、エドゥアルド、朴を選出

清水氏が選出したJ1前半戦のベストイレブン。MVPにはL・ダミアンを選んだ。



 J1リーグはおおよそシーズンの約半数の試合を消化。6月20日時点で川崎フロンターレが21試合消化と最も多く、新型コロナウイルスの影響で出遅れたガンバ大阪も15試合を消化している。そこで本稿では、代表戦再開前のJリーグ前半戦を振り返り、ベストイレブンを識者に選出していただいた。サッカーライターの清水英斗氏が選んだ11人とは――。

――◆――◆――

 川崎で3シーズン目を迎え、副キャプテンにも就任したレアンドロ・ダミアンだが、今季のパフォーマンスは出色だ。決定力が高く、ヘディングでも足もとでも迫力あふれるゴールを量産する。チャンスメイクに関わる連係も素晴らしく、J1のトップスコアラーにかかわらず、エゴイスティックなプレーは全く見られない。守備時のプレッシングでもよく働き、相手CBに競り合いで脅威を与え、チームスタイルのひとつでもあるショートカウンターで中心的な役割を果たしている。

 無敗の川崎からは、他にも三笘薫、田中碧、ジョアン・シミッチ、谷口彰悟、山根視来を選んだが、今季は特にL・ダミアンの凄みが印象深い。前半戦のMVPであり、このままシーズンを過ごせば、リーグMVPも堅いだろう。

 一方、もうひとりのFWとして横浜F・マリノスのオナイウ阿道を入れたことで、この前半戦ベストイレブンはバランスが悪い、ベストイレブンのためのフォーメーションになってしまったが、それでも成長著しい彼は選んでおきたかった。FWとしてのプレーの精度が高まっており、A代表のセルビア戦でも見られたように、個の力は国際試合でも通用する。今後も楽しみだ。
 
 名古屋グランパスからはマテウスを選んだ。三笘とは異なるパワフルなウインガーであり、特にシュート力が図抜けている。川崎戦では凶悪な軌道のドライブフリーキックを沈め、周りを驚かせた。ひとりで違いを見せられる選手であり、チームのスタイルに合っている。

 今季好調のサガン鳥栖からは仙頭啓矢、エドゥアルド、朴一圭を入れた。視野が広く、周りとの連係が巧みな仙頭は、密度が高い中盤を渋滞させることなく、サッと整理していく。松岡大起、樋口雄太と共に、柔軟に形を変える中盤をコントロールし、個性豊かなアタッカーを生かしている。

J1リーグ最新順位表
 

 また、最終ラインに目を移すと、ビルドアップ面でも守備面でも信頼性の高いエドゥアルドは、今季ここまで全試合にフル出場(6月22日時点)。鳥栖にとって最も欠かせない選手だ。20歳で来日して8シーズンを過ごし、今年で28歳になった。選手として円熟味を増し、今が最高潮のパフォーマンスを披露している。

 GKは守勢に回りがちな下位チームほど、セーブ機会が増えるため、何をもって優と考えるか、評価が難しいポジションだ。東口順昭(G大阪)、ヤクブ・スウォヴィク(ベガルタ仙台)、谷晃生(湘南ベルマーレ)、朴の4人で迷ったが、最終的には好調のチームを引っ張る存在として、朴を選んだ。
 
 最終ライン背後のスペースカバー、さらにビルドアップへの参加など、朴の積極的なプレーは、鳥栖のアグレッシブなスタイルを支え、上位への躍進に多大な貢献を果たしている。チームへの影響、結果への影響という意味で、朴の存在は大きい。このところは引き分けが増えつつある鳥栖だが、点を取れなくても、エドゥアルドや朴の下支えは安定し、大崩れは無さそうだ。

 GKは各チーム、注目の選手が増えている。後半戦は誰が存在感を増すことになるのか、楽しみだ。

取材・文●清水英斗(サッカーライター)

【PHOTO】笑顔と力強い手拍子で後押しした川崎フロンターレサポーター!

【PHOTO】試合を彩るサガン鳥栖のガールズユニット「サガンティーナ」を特集!
 

関連記事(外部サイト)