グリエーズマン、「正式に抗議する」と表明した三木谷浩史氏に直接謝罪か。スペインのラジオ局が報道

グリエーズマン、「正式に抗議する」と表明した三木谷浩史氏に直接謝罪か。スペインのラジオ局が報道

流出した動画での振る舞いが批判の対象となっているグリエーズマン。(C)Getty Images



 ラ・リーガのバルセロナに所属している、フランス代表のウスマンヌ・デンベレ、アントワーヌ・グリエーズマン。両名が来日した際に撮影されたと思われる動画について、クラブのメインスポンサーを務める、楽天グループおよびヴィッセル神戸の三木谷浩史は6日、「受け入れがたい」と表明した。

 問題となっている動画は、2019年にバルセロナがプレシーズンツアーで来日した際に撮影されたものとされる。ホテルの一室で、ゲームのセッティングを行なう日本人スタッフを待つ間、デンベレが隣にいるグリエーズマンに対して、「この醜い顔は、PES(日本名『ウイニングイレブン』)をプレーするためにいる。恥ずかしくないのだろうか」とコメント。

 さらには、部屋にいる日本人スタッフの顔をズームにして笑い声をたて、仕事ぶりに対しても「どんな言語なんだ、これは?」「君たちは技術的に進んでいるのか、いないのか。国としては発展しているはずだよな?」といった発言をしていた。
 
 この振る舞いと発言に対して「人種差別的である」「侮辱している」といった批判が世界中から殺到。両選手は自身のSNSを通じて「差別の意図はなかった」「傷つける可能性があったことは認める」と釈明と謝罪を行なったが、三木谷会長は6日、自身のTwitterを更新し、「正式に抗議する」と発表した。

 また、スペインのラジオ局『RAC1』は同日、バルセロナは両選手に連絡を取っていると報じている。

「クラブのメインスポンサーである楽天のボスが怒りを露わにし、ふたりは連絡を取ってきたクラブに対して謝罪を行なったようだ。また、グリエーズマンは個人的にCEOに連絡をとり、説明をしているという。デンベレも同様に謝罪する予定のようだ」

 三木谷会長の抗議に対し、バルセロナ側の公式な見解は、現時点ではまだ発表されていない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)