「自信しかない」初の欧州挑戦に気合い十分の古橋亨梧。「“かかってこい!”という感じです」

「自信しかない」初の欧州挑戦に気合い十分の古橋亨梧。「“かかってこい!”という感じです」

セルティックへの完全移籍に向け基本合意した古橋。現地でもすでに期待の声があがっているという。(C)ALLSTARS CLUB



 スコットランドの名門セルティックFCへの完全移籍に先駆け、古橋亨梧が意気込みを独占告白した。

 ヴィッセル神戸所属の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが設立した会員制オンラインクラブ「ALLSTARS CLUB」。同クラブの初期メンバーとして名前を連ねている古橋に関して、7月16日に神戸はセルティックへの完全移籍に向け基本合意に達したと発表した。

 日本代表でも存在感を増しつつある26歳は「ALLSTARS CLUB」を通じて、現在の心境を語った(全編は「ALLSTARS CLUB」で視聴できる)。自身初となる海外挑戦。海外でプレーする際に生じる壁を乗り越えるとについて問われた古橋は、「自信しかないですね」と言葉に力をこめる。

「今までも、小学校から中学校に上がる時、周りの友人と違うチームに一人で行きましたし、同じく中学から高校も、高校から大学も一人で歩んできました。そういった意味では、(目の前の)壁はぶち壊すものだと思うので、『かかってこい!』という感じです」
 
 興國高から中央大に進学し、卒業後はJ2のFC岐阜に加入。プロ2年目の18年夏にJ1の神戸に移籍し、翌年には日本代表デビューを飾る。その後も着実にスケールアップを果たし、今季はここまで20試合に出場して14ゴールを記録。得点ランキングでトップを走る活躍ぶりだ。

 エリート街道を歩んできたわけではないが、常に前進し続けている古橋。今度はヨーロッパを舞台にどんな進化を見せるか楽しみだ。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【PHOTO】セルティックへの移籍が決定した古橋亨梧!猛スピードで駆け上がるキャリアを振り返り!
 

関連記事(外部サイト)