横浜がオナイウ阿道のトゥールーズへの完全移籍を発表!「どこ行ってもマリノスファミリー」とファンもエール

横浜がオナイウ阿道のトゥールーズへの完全移籍を発表!「どこ行ってもマリノスファミリー」とファンもエール

今季ここまで12ゴールを記録し、得点ランク2位タイに付けていたオナイウ。新天地でもゴール量産となるか。(C)SOCCER DIGEST



 横浜F・マリノスは7月20日、クラブの公式ホームページでFWオナイウ阿道がフランス2部のトゥールーズへ完全移籍することを発表した。

 2014年にジェフ千葉でプロデビューしたオナイウは、浦和レッズ、レノファ山口FC、大分トリニータを経て昨季横浜に加入。24試合に出場し4得点をマークした。横浜で2年目となる今季は、開幕戦でフル出場すると、20試合に出場し、得点ランキング2位タイとなる12ゴールを記録している。

 先日は大迫勇也の負傷離脱によって追加招集でA代表に参加すると、11日のセルビア戦で国際Aマッチデビュー。さらに同15日のワールドカップ・アジア最終予選のキルギス戦で初ゴールを記録すると、その後わずか6分間でハットトリックを達成し、代表定着に向けて大きくアピールしていた。

 そんなオナイウは、横浜の公式ホームページで欧州挑戦に向け以下のようにコメントした。

「トゥールーズFCに完全移籍することになりました。シーズンの途中でチームを離れることになり、みなさんと最後まで戦えなくなるのは悔しいですが、選手としてより成長するために今回の移籍を決断しました。これまで培ってきたものを欧州の舞台で発揮して、みなさんにいいニュースを届けられるように頑張ります!」
 
 この一報を伝えたクラブの公式ツイッターには以下のような応援メッセージが寄せられている。

「海外での活躍期待してます!!!」
「とてつもなく寂しいけど、チャレンジを応援します!!頑張って」
「掴んだチャンス、ものにしてきてくださいね!」
「どこ行ってもマリノスファミリー」
「アドくんの未来を心から応援しています」
「大迫超え期待してます!頑張れ!」
「山口からも応援します」
「シーズン途中の移籍なのはJリーグのカレンダー上、仕方ない」
「完全移籍か…。寂しいけど頑張って!」

 新天地での活躍で、日本代表に定着できるか。なお、オナイウは既に渡欧し、トゥールーズに合流しているという。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)