久保の一撃に救われるも攻撃の連係に課題…勝負のメキシコ戦へ、2列目トリオの決定力をいかに引き出すか?

久保の一撃に救われるも攻撃の連係に課題…勝負のメキシコ戦へ、2列目トリオの決定力をいかに引き出すか?

南アフリカ戦で2列目に配置された久保(左)、堂安(中央)、三好(右)。メキシコ戦では彼らの爆発に期待したい。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 世界大会の初戦はどんな大会でも難しい……。

 それはワールドカップ(W杯)と五輪に過去2回ずつ出場しているU-24日本代表キャプテン・吉田麻也(サンプドリア)を筆頭に、多くの選手たちが分かっていること。しかしながら、初戦の壁は想定以上に高かった。

「前半はシャイだった」と彼自身が言うように、自国開催の東京五輪初戦・U-24南アフリカ戦(東京・味スタ)の日本は効果的な戦い方ができず苦しんだ。久保建英(レアル・マドリー)の一撃がなかったら、ドロー、あるいは黒星発進を余儀なくされていたかもしれなかった。

 想定外だったのは、5-4-1の超守備的布陣を敷いてきた南アの戦い方だろう。直前にコロナ陽性者が出て、キックオフ6時間前の検査で出場可否が決まるというドタバタ状態のなか、練習らしい練習ができなかった彼らにとっては最善策だったのだろう。
 
 W杯アジア予選などで自陣に引いた相手を攻略する難しさを何度も味わっている日本だが、ドリブルで仕掛けるたびに脚がスッと延びて来たり、通ったはずのパスがカットされる南アの身体能力の高さはアジア勢と全く感覚が違う。選手たちは微妙な違和感を覚えたはずだ。それが少しずつ蓄積し、結果としてのらりくらりという南アのペースに合わせることになってしまった。

 こうした中、特に気がかりだったのが、日本最大のストロングポイントである堂安律(PSV)、久保、三好康児(アントワープ)の2列目レフティトリオがあまり機能しなかったこと。スタート時では右から堂安・久保・三好という並びで、状況に応じて久保が右に流れたり、堂安が左に移動するなど、変化をつけようという意欲は感じられた。

 けれども、南アが自陣で人数をかけてブロックを敷いているため、スペースがなく、なかなかフリーの状態が見出せない。最前線の林大地(鳥栖)は何度か裏への飛び出しを試みていたが、それもオフサイドになったり、ボールが入らなかったり、結果につながらない。アタッカー全員の距離感が近くなりすぎて、密になりすぎている傾向も強く、ギクシャク感が拭えなかった。

【五輪代表PHOTO】U-24日本1-0U-24南アフリカ|均衡した展開の中で久保が値千金の先制弾!

 田中碧(デュッセルドルフ)らボランチ陣には「ボールを動かせればいずれスペースが空いてくるだろう」という思惑もあっただろう。ただ、高温多湿の気候も災いし、インテンシティが上がらず、パス回しが各駅停車になっていたのは紛れもない事実だ。

 その状況を察知した吉田が裏を意識した長いボールを入れるなど配球を工夫していたが、今後はチーム全体がもっとそういう意識を持つべきだ。前半から長短のパスを織り交ぜることで、最前線のFWがゴールに迫れる回数が増えるだろうし、2列目アタッカー陣ももっと臨機応変にプレーできるようになる。そこは今後に向けての改善点のひとつと言っていい。

 とりわけ、南ア戦で見せ場の少なかった堂安は、停滞感を打破するパフォーマンスが強く求められるところ。本人もタテパスを入れてからの3人目の動きやサイドからの仕掛けに物足りなさを感じた様子。強引にフィニッシュに行こうにも、フィジカルに秀でた相手に寄せられてしまうシーンも散見された。その反省を踏まえ、もう少し相手をいなしながら、タイミングよく前へ出ていくことも考えるべきだ。
 
 背番号10はすでにイエローカードを1枚もらっている。ただ、25日の第2戦・メキシコ戦(埼玉)はグループリーグ突破を左右する大一番。28日の第3戦・フランス戦(横浜)で出場停止になったとしても、次は目に見える仕事が必要になる。今回、久保が鋭い左足シュートでチームを勝利へと導いた分、「自分も個の打開力を示さなければならない」という自覚を強めているはず。それをピッチ上で示すことが肝要だ。

 対戦相手もエース級の2人の連係を徹底分析し、これまで以上に警戒を強めてくるだろう。そこで三好や相馬勇紀(名古屋)ら他のアタッカーや最前線の林、上田綺世(鹿島)らをうまく使いながら、自らがフリーになる道も見出すことも白星への近道となる。もちろん、そのためにはボランチや最終ラインにもパス出しの変化や工夫が求められてくるし、サイドバックとの連係向上も不可欠だ。よくよく振り返ってみれば、南ア戦は酒井宏樹(浦和)と堂安のタテ関係で崩すシーンが非常に少なかった。そこもしっかり意思疎通を図りながら、次戦に向けて改善を促してほしい。
 

 メキシコという相手は日本にとって難敵以外の何物でもない。吉田が「忘れられない試合」と語ったように、2012年ロンドン五輪準決勝でも痛恨の敗戦を喫している。2013年コンフェデレーションズカップ(ブラジル)でも完敗し、直近の2020年11月のテストマッチ(グラーツ)でも0-2でねじ伏せられている。百戦錬磨のA代表守護神・オチョア(クラブ・アメリカ)に率いられたチームは技術・戦術レベルが高く、決定力も抜きんでている。その強豪を叩けなければ、金メダルには手が届かない。
 
 堂安と久保らアタッカー陣には、名手・オチョアの高い壁を打ち破る道筋を見出すという重要タスクが課せられる。連係連動という日本らしさを出しつつも、イザというところでの個の力を発揮できるのか。次は彼らの真価が問われる一戦になる。

文●元川悦子(フリーライター)
 

関連記事(外部サイト)