高倉監督が悔しさを吐露「ひとつのプレーで仕留められた」…エース岩渕にも言及「万全ではない」

高倉監督が悔しさを吐露「ひとつのプレーで仕留められた」…エース岩渕にも言及「万全ではない」

イギリス戦を終えて悔しさを吐露した高倉監督。次戦で勝利に導けるか。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 なでしこジャパンこと日本女子代表は7月24日、東京五輪のグループリーグ第2節でイギリス代表と対戦。0-1で敗れ、今大会初黒星を喫した。

 日本の高倉麻子監督は以下のように試合を振り返る。

「難しい試合になるということは分かっていたので、粘り強くなんとか勝点3を獲りに行くということで、全員で集中してやれていたんですけど、ひとつのプレーで仕留められたので、向こうの思っていたゲームプランになってしまったのかなと思います」

 前半からチャンスを作りながらもなかなかゴールが奪えず、徐々に相手にリズムを明け渡していった。すると74分、ルーシー・ブロンズのクロスからエレン・ホワイトにヘディングでのゴールを許してしまう。

 これが結局決勝ゴールとなり、悔しい敗戦。2試合で勝点1となり、決勝トーナメント進出のためにはチリ戦で勝点3を是が非でも取っておきたい状況になった(グループ3位に入れば、3グループのうち成績上位2チームが決勝トーナメントに進出できる)。
 
 指揮官は次戦に向けて「勝点3を獲りに行くことなので、点を取りに行くところに関しては、また攻撃の厚みもそうだし、全体的なコンビネーションであったり、シュートを打ち切るというところで、もう一回チームとして確認して進んでいきたいと思います」と意気込む。

 心配なのは、岩渕真奈のコンディションだ。1戦目のカナダ戦で値千金の同点ゴールを決めたものの、イギリス戦では先発から外れ、出場したのは80分だった。

 高倉監督は「万全ではないが、プレーはできるので、次に向かってやっていきたいと思います」と語ったが、エースの一刻も早い復活が待たれる。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【五輪代表PHOTO】日本女子0-1イギリス女子|岩渕を途中から投入して攻め込むも一歩及ばずに惜敗... GS最終節のチリ戦へ期待がかかる!
 

関連記事(外部サイト)