「かえって戦いやすくなったとも言えるのではないか」。田嶋会長が苦しむなでしこジャパンを鼓舞【東京五輪】

「かえって戦いやすくなったとも言えるのではないか」。田嶋会長が苦しむなでしこジャパンを鼓舞【東京五輪】

イギリス戦を受けコメントした田嶋会長。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 2021年7月24日、なでしこジャパンが東京五輪のグループリーグ2戦目、イギリスとの試合に臨んだ。粘り強く戦ったものの、74分に先制されてそのまま0−1で敗れてしまった。この結果を受け、日本サッカー協会の田嶋会長は次のようにコメントしている。

 

「今日勝てなかったことはとても残念。トーナメントに進むためにはっきりしたことは、次の試合に絶対に勝たなければいけないということ。割り切ってできるという意味で、かえって戦いやすくなったとも言えるのではないか。ひとつひとつの試合の結果に一喜一憂せず、高倉監督を中心にチーム一丸となって次の試合への準備をしっかりとして、トーナメント進出の切符を取ってくれると信じている。」

 カナダ戦、イギリス戦を終えてグループリーグの3位。勝てば決勝トーナメント進出の可能性はあるので、気持ちを切り替えてチリ戦で白星を掴んでほしい。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【五輪代表PHOTO】日本女子0-1イギリス女子|岩渕を途中から投入して攻め込むも一歩及ばずに惜敗... GS最終節のチリ戦へ期待がかかる!

関連記事(外部サイト)