「僕もプレーしたくなっちゃった」躍動する若き日本代表に内田篤人も大興奮!個人的MVPにはチームの心臓を選出

「僕もプレーしたくなっちゃった」躍動する若き日本代表に内田篤人も大興奮!個人的MVPにはチームの心臓を選出

内田篤人氏がU-24日本代表戦のTV中継に出演した。(C)Getty Images



 日本は7月25日、東京五輪グループステージ第2戦で、メキシコと埼玉スタジアムで対戦した。

 試合開始から攻勢をかけた日本は開始6分、いきなり先制点を奪う。堂安律が右サイドの敵陣深くからグラウンダーのクロスを送り込むと、走り込んだ久保建英が上手く左足で合わせ押し込んだ。20歳のレフティは南アフリカとの第1戦に続き、2戦連発となった。

 これで勢いに乗った日本はさらに12分にも、相馬勇紀がペナルティエリアでファウルを受けPKを獲得。キッカーを務めた堂安は、世界的GKギジェルモ・オチョアを相手に左足でど真ん中にシュートを放ち、ネットを揺らした。

 その後は反撃に出たメキシコに押し込まれ、86分にはFKから1点を返されるが、同点弾は許さず。レフティ2人の得点で、日本は2-1で勝利を収めた。
 
 この結果に、TV中継に出演し、選手へのインタビュアーも務めた元日本代表DF内田篤人氏は、「正直僕もピッチでプレーしたくなっちゃった」と大興奮。勝因には「森保監督がしっかりオーガナイズしていた点と、やはり若い選手たちが自分たちでゲームをやっている最中にコート内で考えてプレー、表現できるのが非常に大きい。監督からの指示を待つんじゃなくて、グラウンドでやっている11人、ベンチに入っている18人がそれぞれゲームを理解して表現できる能力が非常に高かったと思う」と話した。

 また、個人的なMVPには、ハードワークで日本の中盤を支えた遠藤航を選出。「下がらない守備、前への推進力にはさすが」と絶賛した。

 2連勝の日本は首位に浮上。28日に行なわれるフランスとのグループステージ最終戦で、勝点を1以上積み上げれば文句なしで8強入りが決まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【日本代表PHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!

【五輪代表PHOTO】スペイン、ドイツ、ブラジル…スター選手も参戦する東京オリンピック参加の男子16チームを紹介!

関連記事(外部サイト)