「自分たちを鏡で見ているよう」久保建英がメキシコに抱いた日本との類似点【東京五輪】

「自分たちを鏡で見ているよう」久保建英がメキシコに抱いた日本との類似点【東京五輪】

久保がメキシコ戦で実感した日本とメキシコの類似点について口を開いた。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 東京オリンピックの男子サッカーは7月25日、グループステージの第2節を実施。U-24日本代表はU-24メキシコ代表と対戦し、2-1の勝利を収めた。

 堂安律の右サイドからのクロスに合わせ、日本に勢いをもたらす先制ゴールを挙げた久保建英は、得点シーンについて、「いつも練習でやっているクロスの形が本当にきれいに決まった」と手応えを示した。

「堂安選手が自分のことを見てくれるっていうのは試合前にも話してくれていた。最後は素晴らしいゆっくりのパスが来たので、あとは合わせて決めるだけでした」

 相手のメキシコはパスを繋いで崩すスタイルや、選手の体格など、日本によく似たチームであると語られることが多いが、久保も実際に対戦して類似している要素を多く感じ取ったようだ。

「(メキシコは)個人としてもチームとしてもすごく成熟している。時々、自分たちを鏡で見ているようなパス回しだったり、サッカーをしているなと思いました」
 
 そんな金メダル候補の一角とも目される相手を倒し、日本はこれでグループステージ2連勝。決勝トーナメント進出がさらに現実味を帯びてきたが、「(最終節で)負けたら3位敗退という可能性もあるし、まだなにも決まっていない」と油断はない。

 次戦は28日に、タレントを多く揃える強敵・フランスと対戦する。東京五輪世代を引っ張る20歳は、「もっと出来ると思う。ここからもう一段階、二段階上げていけたら」と大会中のさらなる成長を誓った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪代表PHOTO】U-24日本2-1U-24メキシコ|後半1点を返され苦しい状況に陥るも谷を中心に守備陣が奮闘!GS突破へ大きく前進する勝利に!

【五輪代表PHOTO】開始6分に電光石火の先制ゴール!五輪2試合連続ゴールの久保建英!

関連記事(外部サイト)