「恥を知れ!」“お騒がせ”韓国テレビ局が敵オウンゴールに「ありがとう」の字幕で物議!「まるで反省していない」【東京五輪】

【東京五輪】韓国TV局に敵オウンゴール巡る字幕で物議 東京五輪・開会式中継でも中傷

記事まとめ

  • 東京五輪の韓国対ルーマニア戦を、韓国の大手テレビ局であるMBCがライブ中継した
  • 同局は敵のオウンゴールに対し「ありがとう」と非礼な言葉を掲載し、物議を醸している
  • 韓のテレビ局MBCは、東京五輪・開会式の中継でも悪質な中傷を連発して大炎上している

「恥を知れ!」“お騒がせ”韓国テレビ局が敵オウンゴールに「ありがとう」の字幕で物議!「まるで反省していない」【東京五輪】

「恥を知れ!」“お騒がせ”韓国テレビ局が敵オウンゴールに「ありがとう」の字幕で物議!「まるで反省していない」【東京五輪】

痛恨のオウンゴールに肩を落とすマリン(8番)。この場面で非礼な字幕が掲出されたのだ。(C)Getty Images



 目下お騒がせ中の韓国テレビ局が、またしてもやらかした。

 日曜日に行なわれた東京五輪・グループリーグ第2節で、韓国はルーマニアを相手に4−0の大勝を収めた。初戦でニュージーランドに0−1の苦杯を舐め、国内で激しいバッシングに晒されていたチームは、序盤から高いインテンシティーで臨んでルーマニアを圧倒。なんと得失点差でグループ首位に躍り出て、ひとまず溜飲を下げたのである。

 韓国国内向けのライブ中継を担ったのが、大手テレビ局『MBC』だ。ハプニングが起こったのは、韓国が先制点を挙げた場面。右サイドからMFイ・ドンジュンが鋭いグラウンダーのクロスを上げると、中央でスライディングしながら反応したルーマニアMFマリウス・マリンが思わず自陣ゴールへ蹴り込んでしまう。このオウンゴールに対して、同局はスロー映像が流れる画面の上部にハングル文字で、「マリン、ありがとう」と非礼な言葉を掲載したのだ。
 
『MBC』と言えば、先日の東京五輪・開会式の中継でも悪質な中傷を連発して、国内外で大炎上しているテレビ局だ。開会式のハイライトである出場国・入場行進のシーンで、選手やスタッフが次々と登場するなか、同局はウクライナ選手団のところで、あろうことか画面にチェルノブイリ原発事故の写真を挿入。その後もエルサルバドル選手団にはビットコイン画像を入れ、マーシャル諸島選手団には「昔の米国の核実験場」、シリア選手団には「内戦が10年継続中」、ルーマニア選手団に対してはドラキュラ映画の画像と悪ふざけを続けた。極めつけはハイチ選手団の場面で、「大統領暗殺で政局は霧の中にある」との一文を添えたのである。

 放送中から大騒動に発展し、猛烈な批判が相次いだ。同局はその番組内でアナウンサーが謝意を示し、「これからは真摯な態度で東京五輪を放送し、大会終了まで最善を尽くします」と宣言していたが……。完全な口約束だったというわけだ。

 ちなみに同局は2008年の北京五輪の開会式でも同様の愚行に及んでいた。キリバス選手団に「地球温暖化で島が沈み続けている」、チャド選手団に「アフリカの死んだ心臓」、イギリス領バージン諸島の選手団には「グーグル創業者の結婚式場」などと描写し、当時も韓国の放送倫理委員会から懲戒処分を受けている。

【関連フォト】韓国vsルーマニア戦のオウンゴール場面で、実際に『MBC』で放送された画像はこちら!

【PHOTOギャラリー】韓国女子代表が誇るビーナス、イ・ミナの可憐な厳選フォトをチェック!

 舌の根も乾かぬうちに、が相応しい表現だろう。

 ルーマニアの選手に対する非礼だけでなく、彼らはふたたび五輪のスポーツマンシップを冒涜したのである。全国紙『朝鮮日報』やニュースメディア『Huffingtonpost Korea』『Sportal Korea』なども取り上げて問題視し、韓国の大手コミュニティーサイトでは「恥を知れ!」「まったく理解できない」「なぜ同じ過ちを繰り返す?」「きっとまたやからすぞ」「まるで反省していないな」「厳罰を求める!」といった声が聞かれ、辛辣な意見が大勢を占めているという。

 さらには大統領府の国民請願(意見箱)にも『MBC』への苦情が殺到しており、いよいよ韓国政府も具体的な処罰に乗り出すのではないかと囁かれている。
 
 崖っぷちに追い込まれていたU-24韓国代表にとって、待望された今大会初ゴールだったのは確かだろう。だからといって公共の電波を使った悪ふざけで、対戦相手を揶揄するなど言語道断である。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連フォト】韓国vsルーマニア戦のオウンゴール場面で、実際に『MBC』で放送された画像はこちら!

【PHOTOギャラリー】韓国女子代表が誇るビーナス、イ・ミナの可憐な厳選フォトをチェック!

関連記事(外部サイト)