史上初の2部チーム優勝で幕を閉じたアミノバイタルカップ。決勝はPK戦11人目にまでもつれ込む大熱戦に!

史上初の2部チーム優勝で幕を閉じたアミノバイタルカップ。決勝はPK戦11人目にまでもつれ込む大熱戦に!

アミノバイタルカップ初優勝を飾った産業能率大。写真:安藤隆人



 決勝にふさわしい激闘だった。アミノバイタルカップ決勝は関東大学リーグ1部の強豪・法政大と、今大会で快進撃を続け、初の全国となる総理大臣杯出場と初のファイナル進出を決めた関東2部の産業能率大の間で行われたが、まさに一進一退という言葉がぴったりな白熱のゲームとなった。

 川崎フロンターレ内定のMF松井蓮之、横浜FC内定の田部井涼、京都サンガ内定の田中和樹、町田ゼルビア内定のFW佐藤大樹と4人の内定選手がメンバーに名を連ねる法政大は、立ち上がりからボランチの松井が鋭い読みと球際の強さを生かしたボール奪取と抜群のキープ力で中盤に落ち着きをもたらすと、最前線の佐藤の裏抜けとポストプレー、右サイドハーフの田中の突破力を駆使して攻勢に出る。

 だが、これまで1部の筑波大、同じ2部の東洋大を撃破し、準決勝では同じように快進撃を続けてきた東京都リーグ1部の山梨学院大を2-1で退けて勝ち上がってきた産業能率大の組織的なサッカーはこの試合でも手堅いものがあった。

 矢口聖真を中心にした3バックは佐藤を常にマークしつつ、最後尾のキャプテンGK牧野恋音の的確なコーチングと連動して、後方から飛び込んでくるFW中井崇仁、松井らの動きも視野に入れて的確なチャレンジ&カバーを繰り返す。さらに川人太陽と小野寺亮太のダブルボランチも3バックの距離感を見て、ディフェンスラインに落ちるなど綻びを作らなかった。
 
 スペースをきちんと消してくる産業能率大に対し、法政大が攻めあぐねると、徐々に産業能率大の攻撃の歯車が噛み合い出す。前線の1トップ菅原龍之助がフィジカルの強さを生かして起点を作ると、湘南工科大学付属高時代はプロのスカウトの熱視線を浴びていた期待の2年生アタッカー川名連介と、元浦和レッズの城定信次を父に持つ3年生FW城定幹大の2シャドーが前向きでボールを受けられるようになった。

 スコアレスで迎えた後半、川名が積極果敢なドリブルで法政大の守備ラインを下げると、59分には川名がドリブルでペナルティエリア内左に侵入すると、ニアに走り込んだ菅原にグラウンダーのクロス。これがギリギリのところで法政大GK近藤壱成が抑えて難を逃れたが、産業能率大の方に攻撃の勢いが出てきた。

 守勢に回ることになった法政大は、65分に佐藤に代えてFW飯島陸を投入。攻撃のテコ入れを図ると、68分には松井がカットインから相手DFをなぎ倒して、強烈な左足シュート。これは惜しくも枠を逸れたが、試合はここから膠着状態に陥った。
 

 両チームともチャンスらしいチャンスが作れず、我慢合戦の様相を呈してきた78分、法政大はさらに勝負に打って出てきた。

 渡邊に代えて田部井を投入し、松井とJ内定ボランチコンビを組ませると、さらに中井と安光将作の両サイドを、横浜FCU-18からやってきた中川敦瑛、東福岡からやってきた青木俊輔の1年生コンビに入れ替えるなど、先制点を取るために攻撃陣を大幅にテコ入れ。田部井と松井にボールを集めて、そこからの展開で産業能率大を押し込んだ。

 だが、それを持ってしても産業能率大の牙城は崩れなかった。左右に揺さぶっても矢口によって統率された3バックは穴を見せず。そして延長後半1分、産業能率大がついに均衡を崩した。

 相手GKのパスをカットしたFW菊地大智からのパスを、ペナルティエリア手前の右で小野寺が受けると、そのまま鋭い切り返しで中に入ってからシュートブロックに来た田部井の股の間を射抜くコントロールシュート。GK近藤も破って、ゴールに吸い込まれた。

 しかし、法政大も黙ってはいなかった。徹底したサイド攻撃で延長前半同様にジリジリと相手を押し込むと、延長後半8分には青木の右からのクロスをニアで飯島がヘッド。これがDFに当たり、オウンゴールを誘発。法政大が土壇場で追いついた。

 熱戦はPK戦までもつれこんだ。PK戦でもまさに一進一退の展開で、最後にドラマが待っていた。

 法政大は1人目・田部井が枠を外すと、産業能率大3人目のMF中島怜意のキックを法政大GK近藤がストップ。そして法政大9人目の青木のキックがバーを超えていくと、続く産業能率大9人目のDF小山田賢信のキックも枠の外。勝負は11人目のGK対決までもつれ込み、近藤のキックをGK牧野がストップ。そして最後は牧野がきっちりと決めて勝負あり。

 産業能率大が大会史上初の2部チームの優勝を手にし、大熱戦に終止符を打った。
「相手が法政となってからずっと燃えていた。後輩には負けたくなかった」と殊勲のGK牧野が口にしたように、近藤はジュビロ磐田U-18の先輩後輩の間柄。先輩の意地が勝った形だが、それだけではなく産業能率大はこの大会に懸けていた。牧野はこう続けた。
 
「リーグ戦前期は11位と低迷し、なかなか勝てない苦しい戦いでした。なのでアミノバイタルカップは『もう一度、産能大らしさを取り戻そう』という位置づけでした。泥臭く、最後まで粘り強く戦うという僕らの姿勢は前期出来ていなかったので、ここでしっかりとそれをやり抜いて、後期に繋げようと思った」

 原点回帰を掲げて臨んだ結果、史上初の2部チーム優勝という快挙を成し遂げた。今週にはすぐに後期が始まり、3試合こなした後に総理大臣杯が始まる。彼らに息つく暇はなく、取り戻した自分たちのスピリットを手放さないように、ここからリスタートを切れるかが重要になる。

 一方で法政大はタイトルこそ逃したが、1部リーグで2位と優勝圏内におり、総理大臣杯も出場する。「まずはきちんと切り替えて、次なるタイトルに向けて集中したい」と長山一也監督が語ったように彼らも息つく暇はない。

 それぞれがこの激戦を糧にどうステップを踏んでいくのか。悲喜交々だったアミノバイタルカップ。最後まで下克上にあふれた大会は、出場した全ての選手たちにとって素晴らしい機会だったことは間違いない。

取材・文●安藤隆人(サッカージャーナリスト)

【PHOTO】J内定者から隠れた逸材まで…2021大学サッカー注目プレーヤー

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?