【中断明けの青写真|札幌】“マンツーマン戦術”のさらなる洗練へ。A・ロペスの穴埋めは…

【中断明けの青写真|札幌】“マンツーマン戦術”のさらなる洗練へ。A・ロペスの穴埋めは…

今季もマンツーマン戦術を採用する札幌。理解度を深めている。写真:田中研治



 東京五輪開催でJリーグは一時中断。その間、各チームは戦力補強やミニキャンプ実施など、再開後に向けて準備を進めている。五輪後はいかなる戦いを見せてくれるか。ここでは、J1の北海道コンサドーレ札幌を取り上げる。

――◆――◆――

 延期となっていた4節のガンバ大阪戦が7月30日に組み込まれ(0-2で敗戦)、これもひとつの指標になりそうだが、注目および期待したいのは戦術面のさらなる洗練だ。

 昨季途中からマンツーマンディフェンスによるハイプレスを採用し、ピッチ全体で各選手が相手選手を追走するやり方を続けてきた。その戦術は今季も継続され、序盤戦こそ後半に運動量が落ちて失点する、あるいは得点が奪えないという試合が続いたが、現時点ではマンツーマンによって生まれるいくつかの課題が改善され、戦術は洗練されてきた印象だ。

 そのカギとなったポイントは大きくふたつある。まず、マンツーマンで守備を行なうがゆえに自陣ゴール前で相手と同数になり、そこで攻めきられてしまうことが昨季は散見された。しかし、今季は3-4-2-1のボランチが最終ラインに加わり、数的優位の場面も増やすことで自陣での守備を安定させた。

 副作用として後ろに重くなり、中盤でのプレスが弱くなったり、攻撃に移った際の圧力が足りなくなっていたが、そこについては試合を重ねるごとにボランチの位置取りを調整し、調度いい着地点が見つけられてきたように見える。
 
 もうひとつはハイプレスを仕掛ける場面と、そうでない場面との使い分けが明確になってきたこと。「メリハリがついてきた」とミシャことペトロヴィッチ監督や、選手たちは口々に発している。昨季や今季序盤までは戦術のベースとなるハイプレスの部分を敢えて終始徹底し、そのため前述したように後半に運動量が落ちてしまっていたが、ここについても試合を重ねるごとにプレスの出力が調整され、90分間を考えたペース配分が上手くなされてきた。

 再開後はそのマンツーマンのさらなる効率化に注目したい。すでに中断直前の数試合では、最終ラインをより高く押し上げたコンパクトな陣形が作られ、プレッシングで奪ったボールを素早くパスで展開できるようになっていた。守備と攻撃がより一体化している。

 コンパクトにしたうえでタイトなマンマークをするため中盤でバタバタした展開になることも多いが、そのあたりをどのように落ち付かせるか、楽しみなところである。失礼ながらスピードのあるCBが多いわけでなく、背後を狙われる可能性もあるが、中断前はほぼ問題を感じさせなかった。
 

 そして焦点を変えてもうひとつ。今季、リーグ戦で12ゴールをマークしていた得点源のアンデルソン・ロペスが7月3日に武漢(中国)へ移籍。その穴埋めをどうするのか? という部分は誰が見ても注目点だろう。今季は4チームがJ2に降格するレギュレーションであるため、どのチームも手堅く挑んでくる。そうした相手から得点を奪い取るのはもともと簡単ではなかった。
 
 そのなかでエースストライカーを失ったという状況。オーストラリアのブリスベン・ロアーに期限付き移籍していた檀崎竜孔(オーストラリアでは25試合・9得点)は復帰したが、一般的に考えれば、FWの補強策が挙がる。ただし、強化部もペトロヴィッチ監督も、どちらも良い意味で“一般的なアクション”をする人たちではない。どういったマネジメントを施すのか、とても興味深い。

文●斉藤宏則(フリーライター)

【PHOTO】名場面がずらり!厳選写真で振り返る”Jリーグ27年史”!
 

関連記事(外部サイト)