ピッチを俯瞰的に把握できるのはなぜ? 脳科学者の回答は「空間認知能力は9割が遺伝の影響」【天才脳の全貌|後編】

ピッチを俯瞰的に把握できるのはなぜ? 脳科学者の回答は「空間認知能力は9割が遺伝の影響」【天才脳の全貌|後編】

常に顔を上げてプレーし、的確にパスを捌く田中碧は、遺伝的に空間認知能力を持っているのかもしれない。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 東京五輪でベスト4に進出した日本代表が、サッカーファンを魅了するプレーを披露している。例えば、ボランチの田中碧は、的確なパス捌きでゲームをコントロールし、南アフリカとのグループステージ初戦では久保建英の得点をアシストした。

 果たして、サッカーで「天才」と呼ばれる選手たちの脳は、いったいどうなっているのだろうか? ここでは、脳科学者の篠原菊紀氏に訊き、「天才脳の全貌」と題してサッカー選手の頭脳に迫る。前編では、創造性溢れるプレーでファンを魅了する「天才的頭脳」への成長要因を解剖してもらった。

 後編では、脳と遺伝の関係性を篠原氏が説く。ピッチを俯瞰的に把握している選手は、天性的に空間認知能力を持っているという。

<前編はこちら>

――――――――――――◆―――――――――――――◆――――――――――
 
――「天才」とは生まれ持った才能と言われることもありますが、遺伝のおかげで機能性が高くなる脳の働きはありますか?

「空間認知能力ですね。9割が遺伝の影響です。周りの映像を合成し、上空から撮影したような画を描くことは脳でできる。遺伝的に小学校低学年からその能力を持っている子どもはいます。とはいえ今は、空間認知能力は俯瞰的に映像を映しているサッカーゲームをやれば身に付く」

――確かに小野伸二選手もサッカーゲームをよくやっていたと。

「たぶん小野選手はサッカーゲームも強かったと思いますよ。サッカーゲームが普及していて周りの仲間も持っていれば、環境は同じ。そういう状況だった場合、能力の差が生まれる次の要因は遺伝です。なので、『天才』と称されるトッププレーヤーになった小野選手なら、空間認知能力も遺伝的にあったはずで、きっとサッカーゲームも強かったかと」

――他に遺伝が影響する能力は?

「脳の話からは少し逸れますが、運動能力です。例えば双子はもちろん家庭環境が同じですが、運動能力に差がある二卵性双生児がいますよね。あれは遺伝が影響しています」

――確かにかつて広島でプレーした二卵性双生児の森ア兄弟はプレースタイルが違う。兄の和幸は空間認知能力があるパサーで、弟の浩司は前線で果敢に動き回るアタッカーです。

「そうでしょう。なので、『親の育て方が良かった』なんて言葉もよく聞きますが、それよりも遺伝のほうが影響は大きいんですよ」

――なるほど、そうなんですね。遺伝も含め、脳と運動には深い関係性があると勉強になりました。

「ありがとうございます。最後にもうひとつ、中学生を対象にした研究の話もしましょう。全身持久力テストの数字が伸びると、苦手科目の成績が上がる、という結果が出たんですよ。なので、『サッカーダイジェスト』を読んでいる親御さんには、子どもがサッカーを一生懸命に取り組んでいれば、自ずと苦手な教科も得意になるかもしれませんよと、伝えておきたいですね(笑)」
 天才の意味を調べると、「生まれつき備わった優れた才能」とある。技術、戦術、体力を強化する練習が多いサッカーでは、トレーニングで伸ばしにくい「創造性」のある選手が「天才」と称される傾向が強い。

 だがそういった天才は生まれ持って脳の構造が違うわけではない。雑念のない環境化でサッカーを純粋に楽しみ、対戦相手に勝てば喜び、負ければ悔やむ。感性を大事にしながら良質な直感を育て、“天才脳”が作られた。もしそこでコーチが過剰な指示を与え、冷静な判断をする癖がついていたら、大観衆を魅了する閃きあるプレーはできないだろう。

 空間認知能力や運動能力など、天賦の才を授かった選手はいる。しかし至高のエンターテインメントであるサッカーの”天才脳”は生まれ持った才能ではない。「努力で身につけた」という表現も語弊がある。

 サッカーの天才には「好きこそ物の上手なれ」という言葉がぴったり合う。今は未熟でも本当に好きなら上達する望みがあることを意味することわざで、好きだからこそ冷静になるより直感が働くし、喜怒哀楽が生まれる。“天才脳”に天賦の要素があるなら、それは「誰よりもサッカーが好き」な感情かもしれない。

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

※サッカーダイジェスト2021年6月24日号から一部を加筆修正して転載。

関連記事(外部サイト)