女子サッカーはカナダが金メダル! PK戦の末にスウェーデンを破り初の世界女王に輝く【東京五輪】

女子サッカーはカナダが金メダル! PK戦の末にスウェーデンを破り初の世界女王に輝く【東京五輪】

延長戦でも決着がつかず勝負はPK戦へ持ち込まれ、カナダに軍配が上がった。(C) Getty Images



 東京オリンピックの女子サッカーは8月6日、東京・国立競技場で決勝が行なわれた。カナダがPK戦の末にスウェーデンを下して、初の世界女王の座に就いた。

 試合は前半に流れを掴んだスウェーデンが先制。34分、敵陣でボールを奪うと、そのまま一気にカナダゴールに迫り、右サイドから中央へ折り返したボールをスティナ・ブラックステニウスがダイレクトで蹴り込み、ネットを揺らした。

 前半を1点ビハインドで折り返したカナダも後半に反撃。65分過ぎ、エースのクリスティン・シンクレアがペナルティエリア内で倒され、VARチェックを経てPKを獲得。これをジェシー・フレミングが落ち着いて沈め、試合を1-1の振り出しに戻した。
 
 試合はその後、互いにチャンスを掴むものの決め切れず、タイムアップ。90分では決着がつかず、試合は延長戦にもつれ込む。

 延長戦でも互いに気力を振り絞り、ゴールへの意欲を前面に出した戦いぶりを見せるもののゴールにはつながらず。決着はPK戦に委ねられた。

 そのPK戦では、カナダがGKラビーの活躍で、3-2と勝利。カナダが初の世界女王に輝いた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)