「金メダリストたち!」カナダ代表MFハイテマ、38歳レジェンドとの“おんぶショット”で歓喜!【東京五輪】

「金メダリストたち!」カナダ代表MFハイテマ、38歳レジェンドとの“おんぶショット”で歓喜!【東京五輪】

金メダルが決まり、指揮官と抱き合うハイテマ。(C)Getty Images



 8月6日に行なわれた、東京五輪の女子サッカー決勝で、カナダはPK戦の末にスウェーデンを破り、同国史上初の金メダルを手に入れた。

 スリリングな試合だった。34分に先制したのは、前回大会もファイナリストとなったスウェーデンだったが、カナダは67分にジェシー・フレミングのゴールで同点とし、延長戦もしのぎ切ってPK戦に。PKでは守護神ステファニー・ラビが2本ストップするなど奮起し、サドンデスに突入した6人目で決着がつき、3-2でカナダが勝利を収めた。

 カナダにとっては、同国史上初の五輪金メダル。この歓喜に沸くなかに、38歳のクリスティン・シンクレアの姿もあった。ベテランストライカーは、グループステージの日本戦で国際Aマッチ300試合目という驚異的な記録を達成した同国サッカー界のレジェンドだ。

 決勝戦に途中出場した20歳FWのジョーディン・ハイテマは、優勝決定後に自身のSNSを更新。18歳も年の違うシンクレアとのツーショットを公開し、喜びを爆発させた。
 
 ハイテマが「オリンピックの金メダリストたち!」とコメントを添えて公開したその写真では、シンクレアが軽々とハイテマをおんぶ。ジャージ姿で金メダルを胸にかけ、堂々とした姿を披露している。

 この投稿には1600件以上のコメントが寄せられており、ハイテマのボーイフレンドであるバイエルンのアルフォンソ・デイビスもハートの絵文字を残している。デイビスはカナダ人として初のチャンピオンズ・リーグ制覇を経験した選手であり、ハイテマとは文字通りビッグカップルとなった。

 グループステージでは日本と引き分けたカナダだが、決勝トーナメントではブラジル、アメリカ、そしてスウェーデンという名だたる強豪国を倒して優勝を手にした。代表チームにはハイテマら若い選手も多く、今後、カナダの黄金期を予感させる大会となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】38歳シンクレアが20歳ハイテマを軽々とおんぶ! その胸には燦然と金メダルが輝く

【動画】カナダ女子が史上初の金メダル! 試合後のロッカールームでは選手たちがおおはしゃぎ!

【五輪PHOTO】ボーイフレンドはアルフォンソ・デイビス!美と強さを兼ね備えたカナダ女子FWジョーディン・ハイテマ!

【五輪代表PHOTO】得点能力と美しさを兼ね備えたカナダ女子代表FWジャニン・ベッキーを特集!

関連記事(外部サイト)