柏が敵地で神戸に競り勝つ! 先制後、一度は追いつかれるも、途中出場の細谷が劇的AT弾!

柏が敵地で神戸に競り勝つ! 先制後、一度は追いつかれるも、途中出場の細谷が劇的AT弾!

途中出場から値千金の決勝弾を挙げた細谷。写真:塚本凛平(サッカーダイジェスト写真部)



 J1リーグは8月9日、第23節の10試合を各地で開催。ノエビアスタジアム神戸で行なわれたヴィッセル神戸と柏レイソルの一戦は、2-1柏が勝利した。

 両チームのメンバーは以下のとおり。

神戸/ホーム
スタメン)
GK:飯倉大樹、DF:酒井高徳、菊池流帆、トーマス・フェルマーレン、初瀬亮、MF:セルジ・サンペール、山口蛍、郷家友太、アンドレス・イニエスタ、FW:ドウグラス、田中順也
サブ)
GK:廣永遼太郎、DF:櫻内渚、小林友希、MF:井上潮音、佐々木大樹、中坂勇哉、FW:小田裕太郎

柏/アウェー
スタメン)
GK:キム・スンギュ、DF:高橋峻希、エメルソン・サントス、上島拓巳、古賀太陽、三丸拡、MF:ヒシャルジソン、椎橋慧也、クリスティアーノ、武藤雄樹、FW:ペドロ・ハウル
サブ)
GK:佐々木雅士、DF:北爪健吾、高橋祐治、MF:三原雅俊、戸嶋祥郎、FW:瀬川祐輔、細谷真大

 最終ラインから丁寧なビルドアップで組み立てる神戸に対し、柏はボールを奪えばシンプルかつスピーディにボールを前に運ぼうとする。

 立ち上がりは、やや神戸のペース。自分たちのテンポでパスを回しながら、攻撃の糸口を探っていくが、コンパクトな陣形を保ち、球際で激しく戦う柏の守備組織をなかなか崩すことができない。

 お互いにシュートチャンスはありながらも決めきれず、試合は0-0で折り返す。
 
 迎えた後半、均衡を破ったのは柏。65分、左サイドから三丸がクロスを入れる。これを神戸の初瀬がクリアミス。流れてきたボールを、ファーで待ち構えていたクリスティアーノがダイレクトシュートでねじ込む。

 ビハインドを背負った神戸はすかさず試合を振り出しに戻す。70分、途中出場の小田が敵陣エリア内で山口からのパスを受けると、冷静に狙いすました右足シュートで逆サイドのネットを揺らした。

 スコアは1-1のままアディショナルタイムに突入。このまま同点かと思われた90+5分、柏が勝ち越す。クリスティアーノのお膳立てから途中出場の細谷がフィニッシュ。柏が2-1で勝点3を掴んだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】滅多に見られない!?古橋亨梧の移籍壮行式に駆けつけたヴィッセル神戸イレブンの私服を大特集!
 

関連記事(外部サイト)