【J1ベストイレブン】MVPは3G1Aの前田大然!川崎を完封した柏から2選手をセレクト|24節

【J1ベストイレブン】MVPは3G1Aの前田大然!川崎を完封した柏から2選手をセレクト|24節

【第24節のベストイレブン】



 J1リーグは8月13、14、15日に、大雨の影響で中止となった神戸対広島を除く第24節の9試合を各地で開催した。ここでは、今節に行なわれた試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介していく。

 特大の輝きを放ったのが横浜の前田大然だ。

 大分戦で先発した前田は、仲川輝人が右サイドを抉って供給したクロスをダイレクトで押し込み30分に先制弾を決める。2-1とリードして迎えた後半には、得意のスプリントから左サイドを抜け出し中央へパスし、レオ・セアラの2点目をアシストした。ハイライトは75分。交代出場の水沼宏太が出した浮き球のパスに反応すると、アウトサイドで華麗なトラップ。さらに相手GKの位置を冷静に見極めループシュートで追加点を挙げる。終盤にはヘディングで加点し、圧巻の3ゴール、1アシスト。高採点「8」をマークした快足アタッカーを今節のMVPに選定した。

 5-1と快勝した横浜からは扇原貴宏もピックアップ。前田の3点目の起点となったほか、抜群の安定感でチームをコントロールした。
 
 首位を独走する川崎の強力攻撃陣をシャットアウトし、0-0と勝ち切れなかったが貴重な勝点1を奪取した柏からは2選手をセレクト。DFエメルソン・サントスは得点ランキング2位のレアンドロ・ダミアンを封じ、ミドルシュートやパスで存在感を発揮。GKキム・スンギュはひとり少なくなった終盤、川崎の猛攻を受けたものの、最後のところで神がかり的なセーブを連発した。

 3-2とシーソーゲームになった札幌とFC東京の一戦からは3選手を選んだ。勝者の札幌の福森晃斗は守備のみならず、得意の左足のフィードから2得点をアシスト。青木亮太はJ1初ゴールとなる同点弾、さらに逆転弾も決めてみせた。敗れたものの、FC東京のアダイウトンは分かっていても止められないスピードと力強さで2ゴールを奪った。

 そのほか、鹿島の荒木遼太郎は、2ゴールを叩き込んだほか多くのチャンスを創出し続けた。今夏に名古屋に移籍したキム・ミンテはCBの一角で新天地デビューを飾り、対人守備の強さを披露して相手に起点を作らせず、最後は決勝点まで奪った。浦和の明本考浩は、最前線での起用に見事なゴールで応え、決勝点となるPKを獲得。明本の得点をアシストし、移籍後初ゴールとなるPKを決めた江坂任も選出している。
 
【今節のベストイレブン】
GK
17 キム ・スンギュ(柏)7.5●初選出
退場者を出したあとは川崎の多彩な攻撃にさらされながらも、神がかり的なセーブで決定機をことごとく食い止めた。また、クロス対応や背後へのボールの処理でも安定した守備を見せた。苦しい試合で勝点を獲得できた最大の要因。

DF
5 エメルソン・サントス(柏)6.5●初選出
L・ダミアンとのマッチアップではタイトなマーキングで起点を作らせず。また、守備面のみならず前線へのパスやミドルシュートでも存在感を見せた。

20 キム・ミンテ(名古屋)7●初選出
ほぼ練習で合わせることのなかった守備戦術にも柔軟に対応。危機察知能力と対人の強さで湘南の攻撃に起点を作らせなかった。決勝点まで決め、このうえない新天地デビュー戦に。

5 福森晃斗(札幌)7●2回目
武器である左足から見事なフィードで2得点を演出。守備でも献身的に身体を張り、攻守両面で勝利に貢献した。

MF
6 扇原貴宏(横浜)6.5●2回目
安定感抜群でチームをコントロール。ハイライトは55分で、得意の左足から鋭いスルーパスを前田へ送り、チームの3点目の起点となった。
 
28 青木亮太(札幌)7●初選出
タイミングのよい動き出しでJ1初ゴールを含む2得点。それ以外にも要所で高い技術力を発揮して活躍を見せた。

13 荒木遼太郎(鹿島)7.5●5回目
2ゴールを叩き込んだだけではなく、それ以外でもたびたびチャンスを創出し、圧巻のパフォーマンス。攻撃のキーマンたる根拠を自らのプレーで示した。

33 江坂 任(浦和)7●4回目(柏時代3回を含む)
攻撃センスは抜群。PKで決勝ゴールを奪っただけでなく、絶妙なポジションでボールを受けると、巧みなテクニックを駆使してチャンスを創出した。胸でコースを変えたアシストも見事だった。

FW
15 アダイウトン(FC東京)7●2回目
先制弾、2点目ともに段違いのスピードを見せて的確にゲット。さすがとも言えるプレーぶりだった。

15 明本考浩(浦和)7●4回目
DFをかわして決めたゴールは素晴らしく、82分には相手のファウルを誘発してPKを獲得。前線からのスプリントも実に効いていて、攻守に渡って大きな貢献度だった。この日極上の輝きを放ってみせた。

THIS WEEK MVP
38 前田大然(横浜)8●4回目
1点目はクロスをダイレクトで合わせ、2点目は後ろからのボールを綺麗にコントロールし、出てきていたGKのポジショニングを見たループシュート。3点目はヘディング弾。さらに、L・セアラの2点目もアシスト。圧巻の3ゴール・1アシストを記録した。

※選手名の左の数字はクラブでの背番号。右は今節の採点。
採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
●は今シーズンのベストイレブン選出回数。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】J1第24節“ベストイレブン”に選出された11人を厳選ショットで紹介!

【動画】2021年J1リーグ第24節、編集部厳選ベストイレブン!
 

関連記事(外部サイト)