【J1ベストイレブン】決めるべきところで決め切る川崎のエースをMVPに! 値千金弾の松田陸、レアンドロらも選出|27節

【J1ベストイレブン】決めるべきところで決め切る川崎のエースをMVPに! 値千金弾の松田陸、レアンドロらも選出|27節

【27節のベストイレブン】



 Jリーグは、8月28・29日にJ1第27節の10試合を開催した。ここでは、今節の全試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介していく。
 
 MVPには、見事な先制ゴールで川崎を4試合ぶりの勝利に導いた小林悠を選んだ。
 
 札幌戦で約3か月ぶりとなる先発出場を果たした小林は、34分にペナルティエリア中央でボールを受けると、相手DFを背負いながら華麗なボールタッチでシュートコースを作り、グラウンダーのシュートをゴール右隅に突き刺した。決めるべきところで決め切るという“らしさ”を存分に発揮したエースが、6年連続の二桁得点となる今季10ゴール目をマークした。
 
 さらに川崎からは、GKチョン・ソンリョンとジェジエウもチョイス。前者は決定的なシュートを再三にわたりファインセーブで阻止し、後者は持ち味の高さとスピードを活かして、相手の攻撃をシャットアウトした。
 
 そのほかアタッカーでは、ともに値千金の決勝ゴールでチームを救った柏のクリスティアーノとFC東京のレアンドロを選出。得点に加え、ハードワークが光った福岡の金森健志や、1ゴール1アシストを記録した広島のエゼキエウもセレクトした。
 
 DFでは、安定した守備で浦和を無失点に抑えた湘南の大岩一貴や、圧巻のフリーキックを決めた鳥栖のエドゥアルドを選出。スーパーゴールで大阪ダービー勝利の立役者となったC大阪の松田陸も加えた。
 
 またボランチの位置には、最後までプレー強度を保ち、相手の脅威となり続けた鹿島の三竿健斗を配置した。

【PHOTO】J1第27節“ベストイレブン”に選出された11人を厳選ショットで紹介!

【動画】2021年J1リーグ第27節、編集部厳選ベストイレブン!
 
【今節のベストイレブン】
GK
1 チョン・ソンリョン(川崎)6.5 ●初選出
危ない場面は何度もあったが、この選手が慌てたような場面はほとんどなし。持ち前のセーブ力で完封した。
 
DF
2 松田 陸(C大阪)7 ●初選出
さすがのG大阪・東口順昭も一歩及ばないスーパーゴールを叩き込んだ。右SBを務め、序盤は藤春廣輝に手こずるも、その後は身体を張って粘り強く対応した。
 
4 ジェジエウ(川崎)7 ●2回目
持ち前の高さとスピードで幾度も相手の攻撃をシャットアウトした。高い守備力で味方に安心感を与えて、完封勝利の立役者となった。
 
22 大岩一貴(湘南)7 ●初選出
ロングボールをはね返し、カバーリングもそつなくこなす。力強いマークで相手アタッカーに対応し、実に頼もしかった。
 
3 エドゥアルド(鳥栖)7 ●3回目
攻めながらも得点を奪えないチームを救う圧巻のフリーキックを決めた。試合終盤は劣勢の時間帯も、身体を張って相手の攻撃をはね返した。
 
MF
20 三竿健斗 7 ●2回目
試合終了までほとんどプレー強度が落ちず。粘りのある守備や球際の強さなど、相手にとって嫌な存在だった。
 
9 クリスティアーノ(柏)7 ●3回目
31分の先制点は、彼の抜け出しとクロスから生まれた。絶好のチャンスかと思われたPKは失敗してしまったが、気を落とすことなく、71分には豪快な一撃をネットに突き刺してチームに勝利をもたらした。
 
14 エゼキエウ(広島)6.5  ●初選出
序盤はチャンスを逃してPKを与えてしまったが、27分に待望の今季初得点をゲットしてアシストもマーク。
 
37 金森健志(福岡)6.5 ●2回目
立ち上がりから攻守にわたってハードワークに徹する。先制ゴールを挙げて流れを引き寄せた。
 
FW
20 レアンドロ(FC東京)7 ●3回目
高いキープ力を活かし、前半からトップ下で攻撃を組み立てた。そして83分に決勝ゴール。救世主となった。
 
THIS WEEK MVP
11 小林 悠(川崎)7 ●3回目
相手のわずかな隙を見逃さず、なおかつそこで絶妙なフィニッシュができるのはあまりにも見事。先制点で6年連続となる二桁得点を達成。遠野大弥のゴールもアシストした。
 
※選手名の左の数字はクラブでの背番号。右は今節の採点。
採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
●は今シーズンのベストイレブン選出回数。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】J1第27節“ベストイレブン”に選出された11人を厳選ショットで紹介!

【動画】2021年J1リーグ第27節、編集部厳選ベストイレブン!

関連記事(外部サイト)