「五輪メンバー熱い!」「追加招集させて」東京五輪トリオが親善マッチで集結! ファンに大反響

「五輪メンバー熱い!」「追加招集させて」東京五輪トリオが親善マッチで集結! ファンに大反響

オリンピックをともに戦った若きサムライたち。左から橋岡、田中、林。(C)Getty Images、(C)STVV



 現地時間9月2日、ドイツ2部のデュッセルドルフと、ベルギー1部シント=トロイデンが親善試合を行なった。パウル・ハンス・シュタディオンで開催された試合は、ホームのデュッセルドルフが1-0で勝利を収めている。

 この試合には日本人選手が多く参加。先発にデュッセルドルフの田中碧、STVVからは林大地、原大智、橋岡大樹、松原后が名を連ね、ベンチには内野貴史(デュッセルドルフ)、シュミット・ダニエル、伊藤達哉、鈴木優磨(以上STVV)が入った。内野は61分から、鈴木と伊藤は後半開始から試合に出場している。

 また試合後に両クラブの公式SNSがこの試合に参加した五輪代表メンバーである田中、林、橋岡のスリーショットを公開し、大きな反響を呼んでいる。
 
 ファンからは「オリンピックメンバー熱い!」「この3人好きだわ〜」「エモい」「素敵な写真ありがとうございます!」といった喜びのコメントが寄せられたほか、ちょうど日本代表のアジア最終予選初戦の日と重なったこともあってか、「彼らを追加招集しようよ」「今すぐカタール行くぞ 中国戦お前ら全員先発やー」「将来のA代表を担ってほしいな」といった声も見られた。

 異国の地で再会し、新たなスタートを切った若武者たち。今後の躍動が期待される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【写真】田中、林、橋岡の東京五輪トリオがドイツで再会! 笑顔のスリーショット

【PHOTO】2021年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち
 

関連記事(外部サイト)