J2最下位でも「見ていて面白い」相模原の戦いぶり。チームを着実に前進させている高木監督の流儀

J2最下位でも「見ていて面白い」相模原の戦いぶり。チームを着実に前進させている高木監督の流儀

綿密な指導を続ける高木監督。次節の千葉戦に向けては「勝点3にはこだわらないといけない」と意気込む。(C)SOCCER DIGEST



 甲府、新潟、磐田。上位を争う難敵との3連戦を、相模原の高木琢也監督は「ボーナスゲーム」と表現した。

 降格圏に沈む自分たちの現状を卑下しているわけではない。真意は「(勝点が)1でも3でも、ゼロでも戦い方によってはポジティブなゲームになる」。たとえ3連敗だったとしても、得るものは必ずある。そういう意味での“ボーナス”だ。

 結果は1勝1分1敗で勝点4を得た。甲府には2-1の勝利、新潟には1-2で敗れたが、磐田とは1-1のドロー決着。まずまずの成果を出したと言っていい。

 特筆すべきは、3試合すべてで先制点を取れていること。一時期の得点力不足は改善の兆しを見せている。その他の収穫について、高木監督は攻守両面で「安定した力を出せている」ことを挙げる。

「ディフェンス面ではかなり集中して守れていますし、攻撃に関しては個人の特長を見せながら、他の選手との連係したプレーも出ている」

 チームは着実に力を付けている。

「試合を重ねていくごとに、なにかしらプラスを常に足し算していって、改善しないといけない、修正しないといけないところは、しっかりと傷を塞いでいっている状態」

 綿密な指導に妥協はない。

「復習は必ずしています。人間ってちょっと忘れがちなので。忘れたなという時に、自分たちの守備はこうだ、というのはやりながら復習はしていかないと。口頭でもそうだし、ピッチに立たせて、こうだぞ、と。分かっていてもやったりします」
 
 繰り返し伝えていることを選手が表現できなければ、フラストレーションが溜まるのではないだろうか。「この前、言っただろ」と。そんな指導する側の歯がゆさや葛藤について訊けば、「僕は、その言葉は好きじゃない」ときっぱりと言う。

「言うべきことを言わずに、『ほら前に言ったじゃん』みたいなのは、僕は嫌い。これは言うタイミングだなとか、言ったほうがいいかなとか、時間がないけどここだけは押さえておこうとか、それは常に気にしています」

 つぶさに選手たちを観察しながら、成長を促すように手引きする。確かな手応えを感じているのは、チームの戦いぶりに対して「見ていて面白い」という言葉からも汲み取ることができる。

「成績が最下位でも、そういうふうに思えるのは、しっかりとみんながやれているからだと思います。それぞれが良い仕事をしていますよ」

 次節はホームでのジェフユナイテッド千葉戦。前節の磐田戦では1点リードで迎えた終了間際に失点し、引き分けに持ち込まれた。

「ジュビロ戦が良い薬になって、効いてくると思います。そういうふうに今、チームがなっているので。同じ失敗は繰り返さないようにしないといけない」

 戦いながら一歩一歩、前に進んでいる相模原。その成果を、次は勝点3という形で示したい。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

【PHOTO】相模原ギオンスタジアムに響き渡るクラップ!選手を支えた相模原・愛媛のサポーターたち!
 

関連記事(外部サイト)