「傲慢さが招いた屈辱だ!」日本とオマーンの圧倒的な“格差”を韓国メディアが指摘!「推定市場価格は20倍以上」

【W杯アジア最終予選】日本がオマーンに敗戦 日本とオマーンの“格差”が話題に

記事まとめ

  • ワールドカップ・アジア最終予選第1節で森保ジャパンはオマーンに黒星を喫した
  • 韓国の大手ニュースメディア『news1』は「日本の傲慢さが招いた屈辱だ」と報じた
  • 久保建英の推定市場価格は、オマーンの選手全員を足しても半分に達しないという

「傲慢さが招いた屈辱だ!」日本とオマーンの圧倒的な“格差”を韓国メディアが指摘!「推定市場価格は20倍以上」

「傲慢さが招いた屈辱だ!」日本とオマーンの圧倒的な“格差”を韓国メディアが指摘!「推定市場価格は20倍以上」

オマーンに狙い通りのアップセットを起こさせてしまった日本。次節の中国戦は3ポイント奪取が必須だ。(C)JMPA



 森保ジャパンの黒星スタートは、日本国内のみならずアジア全域に波紋を広げた。

 木曜日に行なわれたワールドカップ・アジア最終予選第1節。パナソニックスタジアム吹田にオマーンを迎え撃った日本は、まさかの0−1黒星を喫した。攻守両面で歯車が噛み合わず、スコアレスドロー濃厚と目された最終盤に決勝点を奪われる体たらく。吉田麻也主将の「負けるべくして負けた」との言葉が、ホームスタジアムに虚しく響いた。
【PHOTOギャラリー】韓国女子代表が誇るビーナス、イ・ミナの可憐な厳選フォトをチェック!

 同日にお隣の韓国はイラクを相手に初戦を戦い、こちらも不完全燃焼の0−0で決着。母国代表チームの低調なパフォーマンスを嘆きつつ、地元メディアはライバル日本の不振にも大きな関心を寄せた。大手ニュースメディア『news1』は「日本の傲慢さが招いた屈辱だ」と銘打ち、次のようにレポートしている。

「日本は欧州で活躍する選りすぐりのエリート集団を形成して臨んだが、オマーンを相手にショッキングな敗北に終わった。国内ではチームの在り方についてさまざまな意見が飛び交い、大きな騒動となっている。あらゆる意味での日本とオマーンの“差”も話題のひとつだ」

 最新はFIFAランキングは日本のアジア最高位となる24位に対して、オマーンは79位にとどまっている。そこに加えて同メディアが取り上げたのが、ドイツの移籍専門サイト『transfermarkt』が換算する推定市場価格での比較だ。

 日本の招集メンバー全員の評価額を合算すると、およそ1億2200万ユーロ(約152億円)に上る。一方のオマーンは600万ユーロ(約7億5000万円)で「日本はオマーンの総額の20倍以上。しかも久保建英は1500万ユーロ(約18億7500万円)の評価額で、オマーンの選手全員を足しても半分に達しない」と紹介している。
 
 さらにオマーンの地元メディア『Shabiba』の論説も掲載。「オマーンの勝利を期待していた者は多くなかったが、今日は日本よりオマーンの決定力のほうがはるかに優っていた。彼らは国民を喜ばせるという約束を果たしてくれたのだ」と報じられている。

 そして最後に『news1』は「後半になってフラストレーションが募り、動きも鈍化した日本に対して、オマーンは集中力を切らさずに90分を戦い抜いた。愚直にカウンターアタックを狙い続け、見事に結実させたのだ」と、あらためてオマーンの戦いぶりに賛辞を贈った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】パナソニックスタジアム吹田に駆けつけた日本代表サポーターを特集!

関連記事(外部サイト)