共有不足が招いたオマーン戦の大失態。指揮官が強調する“臨機応変さ”もまるで見られなかった

共有不足が招いたオマーン戦の大失態。指揮官が強調する“臨機応変さ”もまるで見られなかった

ホームでオマーンにまさかの敗戦。相手に対する試合前の事前共有が足りていなかった印象だ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



[カタール・ワールドカップ・アジア最終予選]日本 0-1 オマーン/9月2日/市立吹田サッカースタジアム

 日本は最終予選の初戦でオマーンにホームで0-1と敗れて、最悪のスタートとなってしまった。日本が徹底的に押し込んでゴールを決めきれず、ワンチャンスを決められた訳ではない。

 先に88分の失点シーンを振り返ると、オマーンがセカンドボールを拾ったところから、右サイドに流れていたサラー・アル・ヤヒアエイが、アル・アラウィとのワンツーで古橋亨梧、柴崎岳、長友佑都のディフェンスを突破する。その間にゴール前ではFWアル・ハジリが植田直通とマッチアップした場所に、途中出場のアル・サビが外側から植田の手前に飛び込み、アル・ヤヒアエイのクロスに右足で合わせた。

 この局面を切り取ると、サイドでアル・ヤヒアエイを挟み込みながら奪いきれなかった古橋と柴崎の問題、さらに長友のカバーリングが中途半端になったこと、そして植田が目の前のアル・ハジリを意識しすぎて、外側から来たアル・サビに対応できなかったことなどの問題の指摘はできる。

 しかし、それまでに得点を奪えず、相手にチャンスを与えていた試合展開に向き合わなければ、この試合の本質的な問題は見えてこない。コンディションやオマーンとの準備期間の差、森保一監督の采配など、いろいろな敗因が指摘されるが、オマーンとのシステム上のミスマッチを日本側のアドバンテージに持っていけなかったことが大きいと見ている。
 
 オマーンが採用したダイヤモンド型の4-4-2は対日本で特別仕込まれたシステムではなく、クロアチア人のブランコ・イバンコビッチ監督が2020年1月に就任してからメインに用いているもので、日本側にも情報はあったはず。もちろん日本のホームということで、スタートから引いてブロックを組んでくるとか、異なるシステムでくる可能性も考えられたが、実際は違っていた。

「誠心誠意を尽くして戦った結果」と振り返るイバンコビッチ監督は「戦術的にどうやって驚かせたかというと、ハイプレスだ。ハイプレスをすることによって、日本が最近経験してきた3、4試合とは違う内容の試合をしたと思う」と攻略法を説明した。

 実際、オマーンはダイヤモンド型のままで、立ち上がりからハイプレスをかけてきた。日本がボールを高い位置まで運ぶとラインを下げ、2トップを残しながら4+3にトップ下のアル・ヤヒアエイが加わる形でバイタルに蓋をしてくる。しかし、いきなり引いてくる相手ではなく、攻撃時には中盤に起点を作ってくるので、4-2-3-1の日本はミスマッチの中でのアダプトを求められることになった。

 そしてオマーンの攻撃において「選手は雨に慣れていないので、雨は大問題だった。なのでGKからどうやってビルドアップしていくかについて考えていた」と語るイバンコビッチ監督によれば、通常よりもロングボールを前線に当てて、セカンドボールを拾って仕掛ける意識を強めていたようだ。

【PHOTO】パナソニックスタジアム吹田に駆けつけた日本代表サポーターを特集!
 

 ダイヤモンド型の中盤で生じる日本とのミスマッチにより、プレッシャーを受けずに前を向ける“発射台”が常にあり、そこに誰かが動いて抑えに行くと、周囲の選手が空くという状況が生まれていた。ただ、オマーン側としては流れの中で、特に立ち位置をズラしながら位置的優位を取るというより、元々あるミスマッチを生かして起点を作れていたと言える。

 例えば10分のシーンを見ると、ボランチの遠藤航から大迫勇也に縦パスを付けたところでディフェンスに潰されて、オマーン側のボールになったところで、右ワイドにボールを運ぶインサイドハーフのアル・アグバリに対して柴崎がチェックに行き、外側からは長友がチャレンジするが、ボールを奪いきれずキープされた。

 そこで遠藤がセンターバックの吉田麻也と植田の手前にあるスペースを一人で埋める形になり、さらに手前の中央エリアがポッカリと空いた。そこでアンカーのアル・サーディがフリーになり、さらにアル・ヤヒアエイ、左インサイドハーフのファワズと繋がれた。

 そこに右から伊東純也も中央の守備に参加するが、そうなると空いてくるのが日本から見て右側の大外だ。オマーンは2トップに加えてアル・サーディも上がることで、日本の4バックがフラットにラインを形成して対応していた。つまり酒井宏樹がラインに落ち、伊東が中に絞ったことで生じた広大なスペースを左サイドバックのアル・ブサイディに使われた。

 ここは伊東が持ち前の走力で何とかスライドして縦の進出を阻んだが、こうしたシーンを繰り返し作られることで、日本が高い位置でボールを持って縦に仕掛けていくといった、6月の試合で見られたような攻撃が著しく限定されてしまったのだ。
 
 ただ、オマーンがディフェンスで日本を完全にハメて、さらに攻撃で常に主導権を取りながら位置的優位を取っていた訳ではなく、そもそものシステム上のミスマッチを生かしていたことが、日本のリズムを奪う要因になっていた。

 そうした相手に対して日本も戦いようはあった。局面の対応に関してはピッチ上の選手たちもただ手をこまねいている訳ではなかった。遠藤は「相手が中盤を菱形にしてきたり、じゃあそこでどういう風に自分たちが押さえていくのか」を考えながら対応していたと振り返る。

「相手のサイドバックが持ったときに、縦に上がってそこを経由するみたいなことをしていたので、じゃあそこでどう行ったらいいかというのはあった。個人的にはサイドバックを当てたほうがいいのかなとか。それで(鎌田)大地がアンカーを押さえながら、サコくん(大迫)に両センターバックを抑えてもらって、両サイドバックが縦を切られると(オマーンは)きついんじゃないかなというのを話しながらやってました」

 ただ、そうした選手間の相談というのはピッチに立った選手たちが、肌感覚で調整するべきディテールの部分と、そもそもの準備段階で相手の出方を想定し、監督が伝えておくべき部分がある。このオマーン戦で既視感を得たのはアジアカップ決勝のカタール戦だが、カタールの場合はシステム上のミスマッチだけでなく、可変性の高いパスワークに対して、ピッチ上の選手たちには混乱が見られた。

【PHOTO】中国戦に向けドーハへ移動!スーツ姿の日本代表選手を特集!
 

 今回のオマーン戦はシステム上のミスマッチ以上の混乱は無かったが、やはり2トップにシンプルに当てる攻撃と併用してきたこと、ピッチの影響もあり日本の攻撃面でのミスも多く、連続的な攻撃ができないことで、慌しくなる流れに自分たちからしてしまったことも、試合運びに安定感を欠く要因になっていた。

 オマーンはセルビアで1か月キャンプを張って準備してきたというだけあり、組織としての練度が高く、雨のピッチに足を滑らせたり、ボールが止まったりといった影響は見られたものの、組織として機能していた。それに対して日本側は立ち上げからほとんど慣れたメンバーで臨んでいるとは思えないほど、守備対応だけでなく、攻撃の狙いにも共通意識が見られなかった。

 試合後の選手たちのコメントを聞いても、オマーンに対する試合前の事前共有が足りていなかったと認識せざるを得ない。特にダイヤモンド型の4-4-2を4-2-3-1のままでどう封じ込めるのか。高い位置からプレッシャーをかけるために、基本的にどういう立ち位置を取ってハメに行き、外された時にどこの選手がどうスライドして対応するか。それが難しい時間帯は一度ブロックを引いて自陣に構えてしまうのかなど。

 もし日本のコンディションがパーフェクトで、パスのテンポや距離、攻守の切り替えスピードでオマーンを完全に上回ったら、今回生じた問題もあまり露見することなく、オマーンを勢いで飲み込んでしまった可能性も大いにある。しかし、今回のような強度で、上回れない状況で突き付けられた問題は、サウジアラビアやオーストラリアとの試合でも問題になってきそうだ。
 
 そもそもの攻め口として、中央を固められたらシンプルなサイドアタックを増やすべきとか、古橋を投入すると同時にシステム変更すればもっと効果的な攻撃ができたとか、いろいろな指摘はできる。あるいは4-2-3-1でハメきれない様な試合があれば、途中からでも3-4-2-1に切り替えて戦う。そうした森保監督が常々口にしていた“臨機応変さ”がオマーン戦ではまるで見られなかった。

 森保監督もアジアカップのカタール戦を苦い経験として学んだことを語っていたが、相手のスタイルが違うとはいえ、失敗の形としては最終予選の最初に繰り返してしまった。短い準備期間の中ではあるが、相手のプランをいくつか想定しながら、共有しておくことを事前にしておかないと、ここから先の戦いでも痛い目に遭う可能性は極めて高い。

 ただ、中国はまた違った特徴を持つ相手で、オマーンよりも個人の対応がより重要になってくる部分もある。すでにカタール、しかも同じ会場でオーストラリア戦をこなしている相手にどう挑んで行くのか。日本側はオマーン戦より試合感が戻るにしても、移動や入国後の検査など、引き続き相手側より不利な状況での戦いになるなかで、しっかりとしたシミュレーションで臨んでもらいたい。

取材・文●河治良幸

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本0-1オマーン|引いた相手を崩せず…終盤に失点を許しまさかの黒星発進
 

関連記事(外部サイト)