日本から金星のオマーン代表、母国での歓迎が凄かった!「英雄的扱い」と報じられた “特別な出迎え”とは?

日本から金星のオマーン代表、母国での歓迎が凄かった!「英雄的扱い」と報じられた “特別な出迎え”とは?

日本から会心の勝利を飾ったオマーン。母国での英雄扱いのようだ。写真:JMPA代表撮影



 9月2日に開催されたカタール・ワールドカップ・アジア最終予選の初戦で、オマーン代表は森保ジャパンを1-0で撃破。母国紙『Al-Shabiba』が「歴史的勝利」と称えた番狂わせを演じた。

 海外組をずらりと揃えた日本の強力アタッカー陣を封じ込め、終了間際の88分には、右サイドからのクロスに途中出場のイッサム・アルサビが合わせて劇的な決勝点。金星を挙げている。

【動画】終了間際にまさかの…日本を地獄に突き落としたオマーンの劇的決勝弾
 
 翌日、意気揚々とオマーンに帰還した選手たちは、熱烈な歓迎を受けたようだ。降り立ったマスカット国際空港のツイッターが、ウォーターサルート(消防車などによる放水)で出迎えたことをツイートしている。

「今日、日本で歴史的な勝利を挙げて戻ってきたことを称えて、国の英雄であるサッカー代表チームを伝統的なウォーターサルートで出迎えました」

 オマーンのメディア『TIMES OF OMAN』もこのニュースを伝え、「オマーン代表が英雄的な歓迎を受ける」と伝えている。

 改めて、日本撃破はビッグニュースになっているようだ。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】ウォーターサルートの後は…日本撃破でVIP待遇を受けるオマーン代表一行

【PHOTO】パナソニックスタジアム吹田に駆けつけた日本代表サポーターを特集!
 

関連記事(外部サイト)