「これまでの戦術を放棄」中国代表が日本戦に向けて“秘策”を用意か? 母国メディアが暴露!「大きな賭けだ」

「これまでの戦術を放棄」中国代表が日本戦に向けて“秘策”を用意か? 母国メディアが暴露!「大きな賭けだ」

オーストラリアに完敗し、批判の声に晒されている中国代表。日本を相手にどう挑んでくるのか。 (C)Getty Images



 日本代表は現地9月7日、カタール・ワールドカップ・アジア最終予選の第2節で、中国と対戦する。

 中立地のカタール・ドーハにあるハリファ国際スタジアムで行われるこの一戦(中国のホーム扱い)、初戦でカタールに0−1の敗北を喫している森保ジャパンにとっては、是が非でも勝点3が必要となる。

 ただ、同じく第1節のオーストラリア戦に0−3で敗れた中国も、何としても連敗は避けたいだろう。日本との実力差を考えれば、勝点1でも持ち帰りたいと考えているはずだ。

 その中国はシステムを変更する可能性があるようだ。母国の大手ポータルサイト『搜狐』は6日、「日本戦で急遽5バックに変更か? 李鉄(リー・ティエ)が大きな賭けに直面」と題した記事を掲載している。

【PHOTO】灼熱のドーハで室内トレーニングを行なう日本代表の様子をチェック!
 同メディアは、「オーストラリア戦の脆弱な敗北により、中国代表は大きなプレッシャーに晒されている」と指摘。5日にハリファ国際スタジアムで行なわれたトレーニングは15分のみの公開だったが、その後に漏れ伝わってきた情報によると、「1年以上練習してきた4バックシステムを放棄し、3人のCBをプレーさせる(両SBと合わせて5バック)可能性が非常に高い」と伝えている。

 記事は「強力な敵との対戦で、それに対処するためにディフェンスとカウンターを重視した戦術を採用するのは理解できる」としつつも、「最大の問題は、準備期間が短すぎることだ」と綴り、こう続けている。

「李鉄は中国代表監督を引き継いで以来1年以上、フォーメーションを4‐4‐2に設定してきた。戦術面では支配的にプレーすることを要求した。ここにきて、フォーメーションと戦術を一から調整する必要があるので、それは大きな賭けになるだろう」

 果たして、李鉄監督は対日本用の“秘策”を用意してくるのか。注目のポイントとなりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTOギャラリー】日本代表戦を彩る美女サポーターたちを一挙紹介!

関連記事(外部サイト)